ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
寺坂淳の株式天気予報

証券業界は長期ボックス圏の下限に株価が接近しており、打診買いも一考

寺坂 淳 [ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ取締役COO兼チーフアナリスト]
【第42回】 2008年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

先週の総括

 先週の日経平均は小幅の続落となった。週初は米国の金融安定化法案や空売り規制などにより、米国発の金融危機が沈静化するのではないかとの楽観論から続伸した。

 しかし、上値を買う投資家も不在であり、週末にかけてジリ安となった。結局前週末比0.2%安い1万1893円で引けた。

 規模別には、大型株のみ前週末比プラスとなった。マザーズ指数は前週末比4.6%のマイナス、東証2部指数も同0.6%のマイナスであった。業種別には証券、保険、医薬品などが上昇、一方で海運、卸売、繊維が下落した。


今週の予報

証券業界:金融市場混乱の影響を受け業績は停滞しているものの
株価は買いゾーンに突入で
「曇」→「曇」

曇 曇

 証券会社にとって、株式市場の影響を受け易い「株式売買委託手数料」頼みの収益構造から脱却することが悲願であった。そのため、法人企業
取引に経営資源を投入してきた。

 東証33業種の証券業種指数の12ヵ月騰落率からTOPIXの12ヵ月騰落率を引いた指数と、東証売買代金の12ヵ月変化率を比較すると、1990年代の相関係数は0.70である。

 1に近いほど似たような動きをするため、1990年代は市場の売買代金の影響が強かった。この相関係数は2000年以降は0.58に低下している。

 この結果を見ると、収益構造の変化は認められるようだ。ただし、売買代金の影響度は低下したものの、トレーディング部門の好不調により全体収益が大きく振れている(野村ホールディングスの2008年3月期のトレーディング損益は前期比78%も減少)ことを考えると、やはり市場頼みであることは変わりがないようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

寺坂 淳 [ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ取締役COO兼チーフアナリスト]

1963年鳥取市生まれ。1987年上智大学法学部国際関係法学科卒業、住友銀行(現三井住友銀行)入行。1990年住銀バンカース投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)へ出向。ファンドマネージャー兼アナリストとして運用業務を開始。1999年トヨタアセットマネジメントへ転職、シニアファンドマネージャーとして年金運用に携わった後、現職。


寺坂淳の株式天気予報

『ダイヤモンド株データブック』チーフアナリストの寺坂淳が、先週の総括から今週の予測まで、天気予報になぞらえて株式相場を読む!

「寺坂淳の株式天気予報」

⇒バックナンバー一覧