ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
キャッシュフロー改善!資金繰りの掟
【第8回】 2007年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
高橋敏則 [公認会計士、税理士]

銀行とは上手につきあえ

1
nextpage
◎短期借入金を長期借入金に一本化する
短期借入金を長期借入金に一本化する

 借入金には、1年以内に返済する短期借入金と、1年を超えた長期間で返済する長期借入金があります。

 多くの企業では、資金を短期のものとして借入れ、期日が来たらいったん返済し、また新たに短期の借入れをする借り換えを繰り返しています。

 長期借入れよりも短期借入れのほうが借入金の利率が低いので、借り換えによる短期借入金の実質的な長期借入金化を行なっているのです。

 しかし、この短期借入金の借り換えには、資金繰りの上で問題があります。

 それは、銀行が常に借り換えに応じてくれるとは限らないということです。

 現在は銀行の一方的事情により、いつ借り換えを拒絶されるかわからない時代です。貸し渋りどころか貸し剥しさえ行なわれているのが現状です。短期借入金の借り換えにはリスクがあります。

 それから、借り換えない場合でも、短期借入れではいっぺんに全額を返済しなければならず、その負担が大きいという問題があります。一度に多額の返済をすると資金繰りが急速に悪化します。短期借入金の口数が多い場合には、その管理や事務処理も大変です。

 そこで短期借入金はまとめて長期借入金に1本化しましょう。長期借入金にすれば、貸し渋りの対策になるだけでなく、毎月一定額を返済するので、資金繰りの計画が容易になり、毎月の返済額も少なくなります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



高橋敏則 [公認会計士、税理士]

1956年、千葉県生まれ。中央大学商学部卒業。79年、公認会計士二次試験合格後、外資系会計事務所、監査法人を経て独立し、高橋会計事務所を開設、現在に至る。中小企業の経理・財務・税務の指導を行うほか、相続税コンサルティングに従事。各種セミナーの講師としても活躍中。

 


キャッシュフロー改善!資金繰りの掟

企業経営にとって永遠のテーマである資金繰り。ポイントはキャッシュフローの改善だ!この連載では、すぐに使えて効果を期待できるセオリーを紹介。

「キャッシュフロー改善!資金繰りの掟」

⇒バックナンバー一覧