ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【アート・ペッパー
「ミーツ・ザ・リズム・セクション」】
壮絶な人生を純粋な心で表現する、即興の天才

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第82回】 2014年4月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 『七転び八起き』という格言があります。

 世の中には、純粋な魂の持ち主がいます。今、これを読んでいるあなたも、その一人でしょう。善意、理想、希望、誇りに溢れる気高さが世を明るく照らしていますが、純粋な魂が傷つき磨り減り折れてしまう理由は沢山あります。それが現実です。それでも、自らの信じるところに従い、心のうちに純粋さをもって生きていく。七回倒れても、もう一回起き上がる。そんな心象風景を見たくなります。

 と、いうわけで、今週の音盤は、アート・ペッパー「ミーツ・ザ・リズム・セクション」です(写真)。

アルト・サックスの天才

 最初に断言します。

 アート・ペッパーは天才でした。

 ジャズが生まれて100年余り、綺羅星の如く天才達が輝いています。デューク・エリントン、ルイ・アームストロング、チャーリー・パーカー、セロニアス・モンク、マイルス・デイビス……。アート・ペッパーも、そのジャズ巨人列伝に並びます。

 今週の音盤「ミーツ・ザ・リズム・セクション」を聴けば、それが分かるはずです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧