ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今さら聞けないネットセキュリティ
【第3回】 2008年1月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
伊藤 僑

機密文書は暗号化するのが鉄則だ!

1
nextpage

 社内や企業間における情報交換の手段として、電子メールはすっかり定着した感がある。最近では、電話をかけるよりも電子メールを利用する機会のほうが多くなったという人も少なくないだろう。

 いまやビジネス上の通信手段としてなくてはならない電子メールだが、その安全性について、きちんと理解した上で使用している人となると、残念ながらあまり多いとはいえない。

 なんの安全対策も施さないまま、電子メールで会社の機密情報のやり取りをしている人さえ、かなりいるようだ。どうやら、電子メールに書留郵便並みの安全性があると誤解しているらしい。

電子メールははがきと同じ

 電子メールを郵便物にたとえるなら、はがきである。はがきでは、住所氏名はもちろん、通信文の内容まで隠すことなく記述されるので、手に取れば誰でも読むことができる。

 つまり、配送中に不特定多数の人の目に触れる可能性があるということだ。さらに厄介なのは、誰かに読まれたとしても、封書のように封を切る必要がないので、そのことを本人たちは気づかない点だ。文面の一部を勝手に書き換える(例えば、数字にゼロを1つ加えてしまう)ことだってあり得る。

 まさか、はがきに会社の機密情報を書いて送る人はいないだろう。はがきを利用するのは、受取人以外の人に読まれても問題のない内容ということになる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


伊藤 僑

1958年生まれ。明治大学法学部法律学科卒。コンピュータ、ネットワーク関連の専門誌を中心に執筆活動を行う。


今さら聞けないネットセキュリティ

ウィルス、ネット詐欺、著作権侵害などなど、便利でありながら実は危険な落とし穴がいっぱいのインターネット。あなたをネット被害から身を守るノウハウを毎回レクチャー。

「今さら聞けないネットセキュリティ」

⇒バックナンバー一覧