ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アマデウスたち

野口孝仁
形ではなく気持ちをデザインする

週刊ダイヤモンド編集部
【第61回】 2009年1月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
野口孝仁
写真 加藤昌人

 美大専門の予備校に、女の子が夢中だったファッション誌「オリーブ」をくるりと丸めてリュックサックにさしているヤツがいた。理屈抜きにカッコよかった。当時、雑誌はトレンドを仕掛ける側にあった。受験を止め、編集デザインの道を探った。

 マガジンハウスは出版社を代表する仕掛人だった。「ポパイ」のアートディレクターにアポイントを取り、ただ働きで構わないと迫った。小さな机をあてがわれたが、誰もなにも教えてくれない。白い文字なら白抜きと書いて指定すればよいことも知らず、いちいち鉛筆で黒く塗りつぶし、消しゴムで消した。ディレクターが引き揚げた後、彼の仕事をなぞって覚えた。2回同じミスをしたら、クビ。その息が詰まる緊張感に耐え切れず、トイレにこもったこともある。

 編集デザイナー集団のキャップでは、「マリ・クレール」で写真の見せ方の楽しさを知った。だが、撮影現場に立ち会うこだわりようが、コストを意識する上司とすれ違った。情報誌編集部に異動させられるが、そのスピンアウトが独立のきっかけとなる。立ち上げから1年間は、1日2~3時間の睡眠だった。一人で2000万円を稼いだ。

 女性誌から専門誌まで、いまや引く手数多の売れっ子だ。「才能はないほうだと思う。あると勘違いしたら疑問を抱かず、分析と努力をしなくなる。形ではなく、気持ちをデザインする仕事。いい仕上がりが見える瞬間がある。なんでもやってきたから、そういう体になった」。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長 遠藤典子)

野口孝仁(Takahito Noguchi)●エディトリアルデザイナー。1969年生まれ。マガジンハウスで「ポパイ」、デザイン会社キャップで「マリ・クレール」、フリーで「エル・ジャポン」を手がけた。99年、ダイナマイト・ブラザーズ・シンジケートを設立。現在「フラウ」「東京カレンダー」「美術手帖」などのアートディレクターを務める。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


アマデウスたち

様々なジャンル、フィールドで活躍する異才にスポットをあてて紹介する。自身の原点となったコト・モノをはじめ、自身が描く夢まで素顔の異才達が登場する。

「アマデウスたち」

⇒バックナンバー一覧