ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

SAP、東京・大阪の2都市にアジア地域初のデータセンターを開設

SAPジャパン

2014年4月7日

Tokyo - 2014年 04月 07日 | SAP - SAP HANA

SAP HANA(R) Enterprise Cloudサービスにより短期間でSAP HANA(R)の価値を実現
技術ノウハウをパートナーと共有しエコシステムを拡大

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAP)は、SAP AGがアジア太平洋地域で初となるデータセンターを東京と大阪の2都市に開設し、4月1日より稼働開始したことを発表しました。

今回SAPが日本に開設したデータセンターは、世界で4カ国目、アジア太平洋地域では初のデータセンターとして、SAP HANA(R) Enterprise Cloudサービスを提供します。これにより、インメモリーデータベースSAP HANA(R)のリアルタイム機能およびその価値をクラウドベースで迅速にお客様に提供することが可能になります。SAPでは、アジア太平洋地域が今後のビジネスにおいて重要な地域として捉えており、その中でも日本は特に重要なビジネス拠点と位置付けています。このデータセンターは、日本だけでなく、SAPのアジア太平洋地域のクラウドビジネス全体をカバーする拠点となります。

SAP HANA Enterprise Cloudは、SAP HANAに対応した基幹業務システムのSAP(R) Business SuiteやSAP NetWeaver(R) Business Warehouseのほか、SAP HANAで強化された新しいアプリケーションを、ペタバイト規模のマネージド・クラウド・サービスとして提供します。これにより、お客様の総所有コストを削減して短期間で価値を実現しつつ、柔軟性と信頼性を提供します。この度、日本国内にデータセンターが開設されたことにより、アジア太平洋地域でビジネスを行うお客様をこれまで以上に強力にサポートすることが可能となります。

SAPでは、今回開設するデータセンターを、SAP HANA Enterprise Cloudのサービス提供拠点としてだけでなく、パートナーエコシステムを拡大するためのデータセンターとしても位置付けています。SAPは、クラウドポートフォリオの基本はオープンエコシステムという戦略をとっており、データセンターの構築や運用における技術ノウハウ、SAP HANA Enterprise Cloudの導入ノウハウや既存のオンプレミス環境からの移行プロセスなどをパートナーに公開し、パートナー企業が独自のデータセンターからSAP HANA Enterprise Cloudサービスを提供できるよう、支援していきます。

東京・大阪の国内2カ所にデータセンターを開設したことにより、離れた地域のデータセンターと連携することなく、1つのエリア内でのディザスターリカバリーを可能としています。また、データセンターをまたがるトランザクションと、それによるレイテンシの発生、回線コストの上昇なども解消できます。

SAP エグゼクティブ・ボード・メンバー、プロダクト&イノベーション Dr. ビシャル・シッカ(Dr. Vishal Sikka)は次のように述べています。「今回のデータセンターの開設はとてもエキサイティングで、アジア太平洋地域におけるイノベーションの加速と、お客様に対する新たな機会の創出を深くコミットし評価していることを示します。これらのデータセンターはSAP HANA Enterprise Cloud Serviceを提供し、価値提供にかかる時間を劇的に短縮し、お客様はSAP HANAの多大なパワーから即座に利益を得ることができます」

SAP社CIO兼エグゼクティブバイスプレジデント クラウド&デリバリー担当のビヨン・ゲルケ(Bjo"rn Goerke)は次のように述べています。「日本はSAPにとって最も重要な市場の一つという理由から、アジア太平洋地域で開設する2つのデータセンターの最初の市場として日本を選択しました。これにより、クラウドという形でインメモリープラットフォームSAP HANAのリアルタイムな処理機能を日本のお客様に提供することができます。データセンターは最高のデータコンプライアンスとセキュリティー規定を採用しており、最先端の技術と最高のセキュリティーおよび統合的なデータ保護を提供します。また、データを仮想的に保護するだけでなく自然災害からも保護します」

SAP HANA Enterprise Cloud先行ユーザーである住友重機械工業株式会社 企画本部 主管 山谷泰夫氏は、次のように述べています。「今回のSAPのデータセンター開設を歓迎します。SAP HANAとSAPの業務アプリケーションよるリアルタイム経営がクラウドによって短時間に実現できることは非常に価値のあることです。また、日本にデータセンターが開設されたことによって、企業はより安心感を持ってサービスを利用することができます」

NTTコミュニケーションズ株式会社 クラウドサービス部 データセンターサービス部門長の花崎修氏は、次のように述べています。「SAP HANA Enterprise Cloudを支えるアジア・太平洋地域で初のデータセンターの開設を歓迎します。弊社は、業界最高レベルの高品質設備・全世界統一のオペレーションにより、データセンターサービスを全世界150拠点以上で展開しており、今後も柔軟かつ信頼性の高いSAP HANA Enterprise Cloudの提供を強力にサポートいたします」

ドイツ連邦共和国 公使 ルッツ・ゲアゲンス(Lutz Go"rgens) 経済・科学部長は、SAP社の対日投資の拡大は日本市場の可能性を確信しているものとして次のように述べています。 「今回のSAPのデータセンター開設を大変嬉しく思います。データセンターは、企業のグローバル経営および成長のためのミッションクリティカルな基盤となるだけでなく、我々2国間の今後も続く良好な関係のために貢献します。SAPが将来的にも日本国内でのビジネスを拡大されることを期待しています」

以上

【SAPジャパンについて】
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国253,500社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan

facebookもチェック

IT企業インフォメーション

「IT企業インフォメーション」

⇒バックナンバー一覧