ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

トイレ診断士派遣でメンテナンス
においの元を断つプロ集団の誇り
アメニティ社長 山戸里志

週刊ダイヤモンド編集部
【第79回】 2009年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
アメニティ社長 山戸里志(撮影:住友一俊)

 東京都渋谷区役所前にある公衆トイレに今年5月、「区役所前トイレ診断士の厠堂(かわやどう)」という白地の看板がお目見えした。渋谷区の公衆トイレの命名権(ネーミングライツ)を購入したのが、横浜市神奈川区のアメニティ。「トイレ診断士」と称するトイレ点検のプロ集団を全国に抱え、ビルや施設のトイレを清潔に保つサービスを提供する珍しい会社だ。

 契約は年間10万円で3年間だが、その公衆トイレは、代々木公園のそばにあり、夜はホームレスの寝床にもなる。汚い、くさい、暗い、怖いという「4K」の典型的な場所。それでも、アメニティ社長の山戸里志は、トイレの清掃と修繕を行ない、診断士による週3回のパトロールを実施、ホームレスの顔も覚えたほど。「いちばん難しいところに挑戦する。ここが公衆トイレなのかと驚かせたい」と話す。

夜の銀座で学び客のニーズくみ取りトイレ診断士を創設

 66歳の山戸がトイレに関心を持ったのは、30代を迎えた頃だった。工業高校卒業後、工場勤務を経て、百科事典のセールスマンとして腕を磨き、1973年、日本経営センター(東京都)に入社。営業のノウハウを生かし、カラーテレビや電子レンジといった家電の販売方法を、講師として販売店に指導していた。4~5人の小さな会社だったが、収入は十分。だが、体を壊せばそれでおしまいの不安定な仕事でもあった。

 そんなとき、当時の会社社長と飲み歩いた銀座の高級クラブで山戸は気づく。「お姉ちゃんはきれいなのに、トイレはくさいじゃないか」。におい消しに使われていたナフタリンが鼻についた。そこで、15分に1度、自動噴射する芳香剤を輸入して販売。月1回、定期的に交換する商売を始めた。昼は講師で、夜は芳香剤を売り歩く日々が続く。すると、銀座や六本木、渋谷などの飲食店を中心に取引先は800店ほどに広がっていった。山戸は言う。「苦労? そんなものはない。売るのが楽しかった」。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧