アラブ 2014年5月7日

教えて! 尚子先生
「中東」はイスラム文化圏ですか?【中東・イスラム初級講座・第4回】

チュニジア、エジプト、リビアと革命が続く中東。今でも毎日のように、テロや紛争のニュース が絶えません。なぜ中東では革命や政変がこんなに起こるのでしょうか。今回のテーマは「中東」の文化について。中東研究家の尚子先生がわかりやすく説明します。

 「そうです!」と言いたいところですが、なかなか言い切れない難しい質問ですね。「中東はイスラム文化圏の重要な一部を占めています」となら言えそうです。

 そもそも「文化」というのが難問です。この質問を「日本は仏教文化圏ですか?」に置き換えてみると、「難しい」理由がわかると思います。日本は確かに仏教文化圏にあるけれど、儒教文化の影響もあるし、あれ? 文化というなら武家文化という日本固有の文化もあるし……。質問を置き換えると、日本文化と考えられているものが、時代によって異なっていたり、様々な文化の融合であったりすることがわかります。ですから、イスラム文化も当然、同じことが大前提となります。

 さらに、文化というと範囲が美術や文学から、建築までとかなり多岐にわたるため、本編では、私たち日本人にも比較的なじみがあると思われる、1)イスラム以前の遺跡:文化の重層性、2)イスラム美術:揺らぎのない中心軸、3)イスラム建築:土着文化との融合、の順に説明したいと思います。

1)イスラム以前の遺跡:文化の重層性

 中東を旅行された方、どちらを観光されましたか?

 ドバイなどの湾岸の近代建築や砂漠ツアーを除くと、たとえばエジプトを旅行された方ならピラミッドやスフィンクスを、トルコやヨルダンなど地中海沿岸部なら、点在するローマ遺跡などをご覧になったのでは? こうした遺跡をまったく見学していないという方は、いらっしゃらないはずです。

 この地域は「文明の十字路」と呼ばれているぐらいですから、こうした遺跡が数えきれないほどあります。これらのいわゆる中東の観光名所は、イスラム文化でしょうか? 実は、こうしたエジプトの遺跡やローマ遺跡などは、基本的にイスラム文化とは無関係です。なぜなら、イスラム教は7世紀にアラビア半島のメッカで発生した宗教ですから、7世紀以前の建築物についてはイスラムとは無縁です。

 日本や欧米など、イスラム圏外からやってくる観光客にとって、お目あてがイスラム以前の遺跡というのは、少し皮肉な感じもしますね。けれども、こうした「観光業」がエジプトやモロッコなどの非産油国にとって、貴重かつ重要な外貨獲得産業となっていることは、まぎれもない事実です。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。