ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

自社の強みと弱みを知るよい方法は顧客に聞くこと

上田惇生
【第20回】 2007年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
創造する経営者
ダイヤモンド社刊 1800円(本体)

 「他社はうまくできなかったが、わが社はさしたる苦労なしにできたものは何かを問わなければならない。同時に、他社はさしたる苦労なしにできたが、わが社はうまくできなかったものは何かを問わなければならない」(『創造する経営者』)

 自社のことは自社ではわからない。特に強みはわからない。ところが、いかに恵まれた市場環境にあって、いかに強い使命感に燃えても、自らの強みを知らなければ、卓越した事業によって業界リーダーの地位を得ることはできない。

 しかも、企業をはじめとする組織体の強みに公式はない。いかなる強みがいかに獲得されるかはわからない。学者が解き明かしてくれるのを待っているわけにもいかない。自社の強みは一日も早く見つけてどんどん伸ばし、フルに発揮していかなければならない。

 そこで自社の強みを知るための工夫が必要になる。公式がないとするならば、観察するしかない。そして聞くしかない。

 比較の対象は他社とは限らない。自社の成功と失敗を比較しなければならない。そしてその違いの原因を考えなければならない。

 さらには、自社を最もよく知る者に、辞を低くして聞かなければならない。

 「上得意の顧客に対し、わが社は他社にできないどのような仕事をしているかを聞かなければならない。顧客が常に答えを知っているわけではない。しかしどこに正しい答えを見つけたらよいかは明らかにしてくれる」(『創造する経営者』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧