橘玲の世界投資見聞録 2014年4月17日

モザイク国家レバノンが生み出した
奇妙な政治制度の背景にあるもの
[橘玲の世界投資見聞録]

 歴史学者トインビーは、“文明の交差路”に位置するレバノンを「宗教の博物館」と呼んだ。東地中海は人類が農耕を始めた地で、紀元前の時代から海洋民族フェニアキア人がギリシア人と覇を争い、その後はアッシリア、新バビロニア、マケドニア、エジプト、シリアなどの一部となり、ローマの支配を経てアラブ世界に飲み込まれた。人口450万人のこの小さな国は、国民のほとんどがアラブ人であるにもかかわらず、20ちかい宗教・宗派が共存しているのだ。

ベイルートの中心部で発掘されたローマ時代の遺跡

 このような複雑な社会では、私たちが想像すらできないようなことが起きる。

 私はレバノンの奇妙な政治制度を、安武塔馬氏の『レバノン 混迷のモザイク国家』(長崎出版)ではじめて知った。安武氏はベイルート・アメリカ大学を卒業した中東研究家で、1990年代のほとんどをパレスチナ自治区やイスラエルのテルアビブで過ごし、2000年にレバノン人の女性と結婚して07年4月まで同地で暮らしていた。この本は現在のレバノン情勢を理解する最良の入門書だ。

レバノンの宗教三権分立

 レバノンが宗教の博物館だとしても各宗派が並立しているわけではなく、社会の中核となる宗教組織はイスラム教のスンニ派とシーア派、マロン派を中心としたキリスト教各派の3つだ。マロン派は東方正教会の典礼を踏襲しつつカトリックに属する宗派で、十字軍時代のレバノン地方に両者を折衷するかたちで生まれた。それ以外ではイスラム教ドゥルーズ派が政治的影響力を保持しているが、こちらはシーア派の分派とされているものの、多くのムスリムからはイスラムではないと考えられている。

 この三派のなかでもっとも信者が多いのはキリスト教各派だが、それでも人口の3割超にしかならない。ムスリムは全体の半数を超えるが、スンニ派とシーア派はそれぞれ2割程度だ。そのうえこれは概数で、宗派対立を助長するとして1930年代以降、正式な人口調査は行なわれていない。

 レバノンでは建国以来、「三権分立」が実行されている。だがこれは私たちが馴染んでいる立法・司法・行政の三権のことではなく、宗教の主要3派に権力を分配する仕組みだ。不文律により、大統領はキリスト教マロン派、首相はスンニ派、国会議長はシーア派に国家の首脳ポストが割り当てられているのだ。レバノンの政治家は宗教によって最高位が決まっており、主要3派以外の政治家はどれほど優秀でも国家の中枢に座を占めることができない。

 主要3ポストのなかでもっとも大きな権限を持っているのは元首である大統領で、首相を指名して組閣を指示できる。だがその大統領は国会によって選出され、実務は首相の下で行なわれるのだから、レバノンの政治はこの三者が協調しないと動かないようにできている。

イスラムのモスクとクリスマスツリー。2013年12月

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。