ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

公的機関に欠けるのは成果であって効率ではない

上田惇生
【第144回】 2009年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
マネジメント【エッセンシャル版】
ダイヤモンド社刊
2100円(税込)

 「公的機関を廃止する可能性も廃止できる可能性もない。今日の社会には公的機関が果たすべき貢献を不要とする考えはない。学校無用論を説く者さえ、教育の低下ではなく向上を望んでいる。病院の欠陥を攻撃する者も、医療の拡充を望んでいる」(『マネジメント【エッセンシャル版】』)

 政府機関、軍、学校、研究所、病院、労働組合、法律事務所、会計事務所、経済団体などあらゆる公的機関が、マネジメントを必要とする。それら公的機関こそ現代社会の成長部門である。

 ところが、それら公的機関の成果たるや、立派どころかなるほどと思わせるレベルにも達していない。

 公的機関は、企業と同じようにマネジメントすれば成果を上げられると、くどいほど言われてきた。しかし、それでは不十分である。

 公的機関に欠けているものは成果であって、効率ではないとドラッカーは言う。効率によって成果を手にすることはできない。

 公的機関のマネジメントが不適格、無能、不まじめ、怠惰であると信ずべき理由はない。企業の人間が公的機関のマネジメントに任命されたとき、官僚よりもうまくやれると信ずべき理由はない。われわれは、彼らがただちに官僚になることを知っている。

 「われわれに与えられた選択は、公的機関が成果をあげるための方法を学ぶことにほかならない。しかも公的機関は成果をあげるべくマネジメントすることが可能である」(『マネジメント【エッセンシャル版】』)

 

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧