ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

15歳勝みなみのプロゴルフ世界ランクが急上昇。
主要競技で日本勢の世界ランクはどうなっている?

相沢光一 [スポーツライター]
【第297回】 2014年4月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先週行われた女子プロゴルフツアー・KKT杯バンテリンレディスオープンの勝みなみの優勝には驚かされた。

 そもそもアマチュア選手、それも15歳の高校1年生が歴戦のプロを破ること自体、とんでもない大偉業だ。

 知人に女子プロゴルファーがいるので、プロゴルフツアーで優勝することがいかに大変なことかは聞き知っている。プロになるのはアマチュア大会で何度も優勝している選手たちだ。その才能ある人が練習に練習を重ねてプロテストの狭き門をくぐり抜ける。プロになったからといってレギュラーツアーの大会に出場できるわけではない。新人はステップ・アップ・ツアーに出場し好成績をあげる必要がある。この大会に優勝しても、レギュラーツアーに出場できるのはわずか4試合だ。

 これとは別にレギュラーツアーの出場権を得るための方法としてはクォリファイング・トーナメント(QT)への挑戦がある。QTにはファースト、セカンド、サード、ファイナルという4つの関門があり、これを勝ち抜かないとレギュラーツアーには出場できない。

 ここで勝ち残り、出場権を得たとしてもレギュラーツアーにいるのは各年代の日本一クラスばかり。その強者を相手に2日間の予選ラウンドを勝ち抜き、プレッシャーのかかる決勝ラウンドを戦う。そこで最高のプレーをした者だけが得られるのが優勝の栄誉だ。それだけ大変なことだから、初優勝した選手はほぼ例外なく感激の号泣をする。アマチュアの勝は主催者推薦での出場だが、技術においても経験値においても、はるかに上まわるはずの選手たちを相手に対等以上のプレーを見せ、勝ち抜いてしまったのだ。

 勝の場合、優勝が決まった時も涙はなかったように、そうした長年の苦労を知らずノープレッシャーで自分のプレーに徹することができたから優勝できたのかもしれないが、そうだとしても3日間プロとラウンドして崩れることがなかったのは見事。レベルの違うポテンシャルを持っていることは確実で、今後の成長が楽しみである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧