ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1000円台で楽しむ おとなの居酒屋

月島で堪能する絶品の牛にこみ
「岸田屋」(月島)

浜田信郎
【第2回】 2007年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昭和の面影が残る町、月島。

 もんじゃ焼き店が多いことでも有名なこの町の一角で、昭和4年に酒屋として創業し、戦時中に国民酒場として営業をはじめたのが、老舗大衆酒場「岸田屋」です。

 店内はコの字カウンターと、右側の壁につくりつけられたカウンターの合わせて20数席のみ。この限られた席を奪い合うように、夜な夜な酔客たちが集まってくるのです。

 牛にこみ(450円)は、人気グルメ漫画『美味しんぼ』(第1巻)でも紹介されたほどの名物品。

 「ネギを入れないほうが本来の姿なんだよ」

 前に来たときに、そう教えてくれた常連さんの話を思い出し、牛にこみを注文したときに、いつも聞かれる「ネギを入れますか?」の問いかけに、「なしでお願いします」と答えます。

 牛のシロ、フワや、ナンコツっぽい部分などがゴロゴロと盛られた牛にこみは、東京三大煮込みにも数えられるほど。一緒にもらった燗酒(新泉、330円)にも、よく合うのです。

 「イワシの煮たのはないの?」

 入口近くに座るお客さんから声がかかります。

 「今日はないのよ。そのかわり、子持ちカレイの煮付け(450円)があるわよ」

 「じゃ、それ」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

浜田信郎

1959年、愛媛県生まれ。造船会社で働く設計士。サラリーマンの傍ら、名店酒場を飲み歩く。その成果を綴ったブログ「居酒屋礼賛」は、呑んべいに大人気。著書に『酒場百選』(ちくま文庫)がある。


1000円台で楽しむ おとなの居酒屋

うまい肴でぐいっと呑んでも、2000円出せばお釣りがくる。そんな毎日通いたくなる居酒屋を紹介。これを読んだら、すぐ呑みに行こう!

「1000円台で楽しむ おとなの居酒屋」

⇒バックナンバー一覧