フィリピン 2014年5月13日

フィリピンで特別居住退職者ビザを取得するとき、
預託金はどの銀行に預ければいいのか

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのフィリピンレポート。いったん取得すると、延長も再入国などの手続きも不要という、フィリピンの「特別居住退職者ビザ」。世界でもまれな優遇されたビザのひとつだ。預託金の手続きの変化とそのポイントを紹介します。

世界でもまれな優遇された永住ビザ

 フィリピンでは35歳以上のすべての外国人を対象に「特別居住退職者ビザ(SRRV)」を発行している。これはいったん取得すると、無期限滞在の特権を与えられ、延長・再入国許可・出国許可などの手続きも不要という世界でもまれな優遇された永住ビザだ。

 SRRVは「クラシック」と「スマイル」の2種類あり、クラシックは年齢に応じて2万ドル=約200万円(50歳以上、年金申請では1万ドル=約100万円)ないし5万ドル=約500万円(35歳以上50歳未満)の定期預金が必要だが、ビザ取得後は住宅取得などの投資に使うことができる(その場合、投資額は5万ドル=約500万円以上必要)。スマイルは35歳以上一律2万ドル(約200万円)で投資への転用はできない。どちらも年会費360ドル(約3万6000円)を前払いで支払う必要があり、ビザをキャンセルした場合、預託金は全額返金される。

 この預託金はPRA(フィリピン退職庁)の認定銀行に預けることになっているが、フィリピンの中堅銀行で日本人退職者の利用も多いBank of Commerce(BOC)がPRA認定銀行からはずれ、預託金を他の金融機関に移さなければならないという通知が出された。

 BOCが認定から外れた原因は、昨今の低金利により、銀行からPRAに支払うコミッションの原資が不足したからだ。銀行としては預金が増えれば増えるほど持ち出しも増加し、その負担に耐えることができなくなりPRA認定を辞退するにいたったそうだ。

 BOCはPRAにコミッションの減額を交渉したが、PRAは頑なにそれを拒否したそうだ。この状況は他の銀行も同じで、早晩、他行も追随する恐れがある。

いつもお世話になっているBank of Commerce(Petron Bel-Air支店)の入り口【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。