ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中谷彰宏の人生道場

昔話を、しない。

~ なぜあのリーダーに人はついていくのか No.006 ~

中谷彰宏 [作家]
【第32回】 2008年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー

『中谷彰宏の人生道場』テーマ第4弾は「リーダーシップ」です。ひとくちに「リーダー」と言っても、部下に好かれるリーダー、そうでないリーダーなど様々なタイプがいます。その違いはいったいどこにあるのでしょう。これから紹介するのは、「部下がなかなかついてきてくれないリーダー」「部下をリーダーに育てたいリーダー」「リーダーの勉強を今のうちからしておきたい部下」のために書いた言葉です。これらの言葉を活かし、「この人にほめられたい」と部下から言ってもらえるリーダーを目指してください。

話題が豊富なリーダーに、
人はついていく。

 「あの人についていきたい」と思われるリーダーは、話題が豊富です。「そんな話をどこで仕入れてくるんだろう」と思います。

 話題が豊富であるためには、勉強しなければなりません。みんなと離れて、1人で本を読んだり、映画を見たり、興味を持っているテーマの勉強会や研修会に参加しています。

 やたらと会議室にいたり自分の机にずっと座っていません。みんなと一緒に食事会ばかりしていたら、話題は豊富になれないのです。

 話題が豊富でないリーダーは、ひたすら昔話をしています。「話題豊富」の反対語は「昔話」です。

 新ネタがないので、昔話が延々繰り返されるのです。「オレの若いころはな」「昔はね」から話は始まります。「また始まった。その話はさんざん聞いている。新しいネタないの」と思われます。

 映画の話をしたら、「映画で思い出したんだけど、昔ね」と言うのです。スタッフは、「ダメだよ。この人に映画の話を振ったら、またあの映画の話ばかりするんだから」と言われます。

 半ば自慢話です。

 「昔、オレもワルでね」と言うのは、大体まじめな人が多いのです。「今、ワルでね」と言うなら、まだ少しカッコいいと思います。

 本当のワルの人の話題が面白いです。そういう人は「オレはワルでね」とは絶対言いません。「なんでこんなことを知ってるんだろう」と思うことがいくらでも出てきます。その瞬間、「この人は実はものすごく遊んでいるな」と、底知れぬ世界観をかいま見ることができます。

 これがなんとなくカッコいいので、「この人についていこう」と思うのです。

 「昔はね」と言って、「またその話だよ。この話で2時間かかっちゃうよ」と思われるようではいけないのです。

【人がついていくリーダーになるために その6】
昔話を、やめよう。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
中谷彰宏氏の最新刊『なぜあのリーダーに人はついていくのか』好評発売中!

何もやっていないように見えて、部下に慕われるリーダーは凡人管理職とどこが違うのか。その哲学と具体的な行動様式を分析し、慕われる優れたリーダーの条件をわかりやすく紹介。1365円(税込)

話題の記事

中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


中谷彰宏の人生道場

中谷彰宏が贈る、心に残るメッセージ集。仕事術から生き方まで、自分を鍛え、夢を実現するための熱きメッセージがいっぱい。

「中谷彰宏の人生道場」

⇒バックナンバー一覧