ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

予測と投機でなく
現在あるものをマネジメントする

上田惇生
【第38回】 2008年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
乱気流時代の経営
ダイヤモンド社刊 1553円(税別)

 「乱気流の時代にあって、マネジメントにとって最大の責任は、自らの組織の生存を確実にすることである」(『乱気流時代の経営』)

 すなわち、組織の構造を健全かつ堅固にし、打撃に耐えられるようにすることである。急激な変化に適応し、機会をとらえることである。さもなければ、生き残れるはずがないであろうとドラッカーはいう。

 いまやあらゆる先進社会が組織社会である。あらゆる財とサービスの生産と流通が、組織の手に委ねられた。しかも組織は、1人ひとりの人間にとって、生計の資、社会への貢献、自己実現を手にする唯一の場になっている。

 「そのように大事な組織を潰すがごときは、無責任の最たるものである」

 ドラッカーがこれをいったのが、1980年というバブルの直前だった。多くの人が、今日の延長としての明日を読み、多くを儲けようとした。そうして罠にはまった。バブルが潰えたとき、生き残っていたのは、予測と投機ではなく、日々の本業に専念していた者だった。

 ドラッカーは、構造自体が変わるという乱気流の時代にあっては、まず行なうべきは、現在あるものをマネジメントすることだという。そして将来ありうべきものを自ら創造することだという。

 「乱気流の時代にあっては、未来についての最も妥当な前提は、構造そのものを変える特異な事象が生起することである」(『乱気流時代の経営』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧