ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
入社1年目の教科書
【第7回】 2014年5月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

できる新人というのは、つまるところ
フィードバックができる人のことである

1
nextpage

社会人になったら、内定をもらったらまずこれを読め!と、ビジネスパーソンのバイブルとして30万部超えのベストセラーとなった『入社1年目の教科書』。著者の岩瀬大輔氏が、「思っていたのと違った」と早くも入社1ヵ月半で違和感を覚える新人たちの悩みに答える。
(まとめ:ダイヤモンド・オンライン編集部)

 

入社1年目の目標は
信頼される人になること

岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)
ライフネット生命代表取締役社長兼COO。 1976年埼玉県生まれ。1998年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で卒業(ベイカー・スカラー)。
2006年にライフネット生命保険の設立に参画。2013年6月より現職。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。日経ビジネス「チェンジメーカー・オブザイヤー 2010」受賞。主な著書『入社1年目の教科書』(ダイヤモンド社)などがある。
ライフネット生命 ウェブサイト http://www.lifenet-seimei.co.jp/

編集部 30万部超えのベストセラー書籍『入社1年目の教科書』では、仕事における3つの原則が話題となりました。

1.頼まれたことは、必ずやりきる
2.50点で構わないから早く出せ
3.つまらない仕事はない

 この3つが意味するところは、結局何だとお考えですか。

岩瀬 一言で言えば、「入社1年生は、『信頼される人』になれ」ということです。まだどんな人なのか、仕事ができるのか、できないのかさえわからない状態なのが、新入社員です。そんな皆さんを、上司や先輩、周りの人は、本人が思う以上によく見ているものです。それも意外なところで、「この人は信頼できる(できないかも)」と判断していたりします。

編集部 原則1「頼まれたことは、必ずやりきる」もそうでしょうか。

岩瀬 僕が20代の頃、当時の上司からは「かっこつけなくていいからやれ」と言われました。

・頼んだことをまあやってくれる人 8割
・やってくれない人 1割(督促してもやらない人)
・頼んでなくも絶対やる人 1割

 8割の「まあやってくれる人」と、1割の「絶対やる人」の違いは、「あれ、どうなってるの?」と言われる前にやる、ないしは何らかの報告をしてくれる人かどうかということです。

 忙しいときほど、こうした進捗報告や、「必ずやりきる」という姿勢を見せることが大事。仕事というのはやればやるほど成長するので、たくさん仕事を頼まれる人が、一番早く成長します。とにかく絶対やる人には、どんどん仕事が回ってきて、ますます成長できるというわけです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1998年卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て米国に留学。2006年ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国してライフネット生命保険設立に参画。2013年6月より現職。2010年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。 主な著書に『ハーバードMBA留学記~資本主義の士官学校にて~』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)、論文に「規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示」(「保険学雑誌612号」2011年3月号)などがある。


入社1年目の教科書

 社会人としての「勝負どころ」は、入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会。すべての印象は、初めての機会で形成されます。最初に訪れたチャンスをつかみ、周囲から期待されるビジネスパーソンになるためには、どんな「準備」が必要なのでしょうか。短期集中連載として、チャンスをつかみ、いち早く「将来活躍する新人」になるための、仕事に取り組む姿勢や具体的な行動のしかたをお伝えします。

「入社1年目の教科書」

⇒バックナンバー一覧