社会人になったら、内定をもらったらまずこれを読め!と、ビジネスパーソンのバイブルとして30万部超えのベストセラーとなった『入社1年目の教科書』。著者の岩瀬大輔氏が、「思っていたのと違った」と早くも入社1ヵ月半で違和感を覚える新人たちの悩みに答える。
(まとめ:ダイヤモンド・オンライン編集部)

 

入社1年目の目標は
信頼される人になること

岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)
ライフネット生命代表取締役社長兼COO。 1976年埼玉県生まれ。1998年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で卒業(ベイカー・スカラー)。
2006年にライフネット生命保険の設立に参画。2013年6月より現職。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。日経ビジネス「チェンジメーカー・オブザイヤー 2010」受賞。主な著書『入社1年目の教科書』(ダイヤモンド社)などがある。
ライフネット生命 ウェブサイト http://www.lifenet-seimei.co.jp/

編集部 30万部超えのベストセラー書籍『入社1年目の教科書』では、仕事における3つの原則が話題となりました。

1.頼まれたことは、必ずやりきる
2.50点で構わないから早く出せ
3.つまらない仕事はない

 この3つが意味するところは、結局何だとお考えですか。

岩瀬 一言で言えば、「入社1年生は、『信頼される人』になれ」ということです。まだどんな人なのか、仕事ができるのか、できないのかさえわからない状態なのが、新入社員です。そんな皆さんを、上司や先輩、周りの人は、本人が思う以上によく見ているものです。それも意外なところで、「この人は信頼できる(できないかも)」と判断していたりします。

編集部 原則1「頼まれたことは、必ずやりきる」もそうでしょうか。

岩瀬 僕が20代の頃、当時の上司からは「かっこつけなくていいからやれ」と言われました。

・頼んだことをまあやってくれる人 8割
・やってくれない人 1割(督促してもやらない人)
・頼んでなくも絶対やる人 1割

 8割の「まあやってくれる人」と、1割の「絶対やる人」の違いは、「あれ、どうなってるの?」と言われる前にやる、ないしは何らかの報告をしてくれる人かどうかということです。

 忙しいときほど、こうした進捗報告や、「必ずやりきる」という姿勢を見せることが大事。仕事というのはやればやるほど成長するので、たくさん仕事を頼まれる人が、一番早く成長します。とにかく絶対やる人には、どんどん仕事が回ってきて、ますます成長できるというわけです。