中国 2014年5月20日

反中デモから考えさせられる日中関係

2006年に中国に移住した大橋さん。蘇州、北京、広州、そして08年からは上海に在住。情報誌の編集長を経て13年9月よりフリーランス。今回は、南シナ海を巡って、関係が悪化する中国とベトナム。中国国内では何が起きているのか。その現状レポートです。

無警戒のベトナム領事館

 南シナ海における領土問題をめぐって、ベトナムの反中デモが死傷者が出るほど激化している。それにもかかわらず中国国内ではそれほどの騒ぎにはなっていないし、抗議運動が行なわれたという話も聞かない。昨日(5月16日)、気になって上海のベトナム領事館に足を運んでみたが、いたって平穏だった。

 上海では5月20、21の両日、「アジア信頼醸成措置会議首脳会合」(CICA)が開催され、ロシアのプーチン大統領をはじめ各国要人が訪れる。先月から市内の警備は強化され、一部の警官に銃の所持が認められるなど、どことなくピリピリしたムードが漂っている。

 そんな最中に反中デモが発生したので、ベトナム領事館もさぞかし厳重な警備が敷かれているに違いないと思っていたが、拍子抜けするほどゆるかった。

 日本や欧米の領事館ではカーキ色の制服を着た武装警察が24時間、警備しているのが普通だが、ベトナム領事館の入口には民間の警備会社の警備員と清掃員がひとりずついるだけだった。さすがにいつもより訪れる人は少ないというが、抗議に来る人もいないと警備員は話す。

 同館はオフィスビルに入居していて、外観からはその存在がまったくわからない。中国人もほとんど知らないのだろうが、調べればわかることである。 

上海市浦東新区にあるベトナム社会主義共和駐上海領事館【撮影/大橋史彦】
ベトナム領事館が入居するオフィスビル。警備はまったくないといってもいいぐらいだ【撮影/大橋史彦】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。