タイ 2014年6月4日

タイ人たちはクーデターをどう捉えているのか

連日日本でも報道されるタイのクーデター。現地メディアの『DACO』編集部が、仕事仲間のタイ人たちに、その本音を聞いてみました。彼らはこのクーデターをどう捉えているのでしょうか。

 質問は、以下の2つ。

(1) あなたは「タクシン派」? 「反タクシン派」? その派はクーデター後、どうなると思いますか?

(2) クーデターの後、タイの将来はどうなると思いますか?

いい統治者は選べる

(1) どっち派と聞かれたらどっちでもないのですが、反タクシン派に賛同できることは多いです。これからもタイ国にとって役立つ人間になりたいと思う。私の考えですが、自分から国のために尽くしたり善行を積まないといい社会にならない。タイ国王の言うところの、「みんなはいい人になることはできなくても、いい統治者は選べる」。これは間違いないと思う。

(2) 政治問題は徐々に解決していくと思いますが、反対する人がいなくなることはない。今回のデモとクーデターで政治にあまり興味がないタイ人も興味を持てるようになったのはいいことだと思う。(女性・47歳)

反タクシン派はもう集まることはない

(1) 反タクシン派です。クーデターをやって、タクシン派の政府主要人物も排除されたので、反タクシン派の人たちはもう集まることはないと思う。今は軍が政府を掌握しているから、それをフォローするしかない。これでタイは絶対よくなる。デモもなくなると思う。

(2) 今は軍の政府ですが、すぐに新しい政府ができるでしょうから、心配はないです。新しい政府ができたら、タイの政治や経済もよくなると思う。(男性・40歳)

クーデターは一時的解決方法

(1) タクシンは嫌いですが、反タクシン派の意見に全部賛同しているわけじゃないんです。これからどうなるか私はわからないのですが、新しい政府ができたら、少しはよくなると思う。

(2) どうなるかは本当にわからない。でも、クーデターは一時的解決方法です。今後もし何も変わらなかったら、何回クーデターをしても、前と同じになるでしょう。両派の抱える問題を解決しないと歩み寄ることさえできないと思う。(女性・29歳)

どっちも自分のことしか考えていない

(1) どっちの派でもありません。両派の目的はわかっているんですが、私の考えでは、両方とも自分のことしか考えてなくて、ほかの人の言うことは聞かないから、現在の状態になっていると思います。

(2) クーデターの後も私は普通の生活を続けるだけです。国の発展を止めてはいけないし、進めていくしかないでしょう。タイ人も自国の政治に興味を持つようになったから、長い目で見れば政治はいい方向に行くと思う。(女性・25歳)

5月23日、ラチャプラソン交差点にてにて(以下すべて同じ)【撮影/『DACO』編集部】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。