ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
不機嫌な職場の治療法

“歩”を“金”に変えた居酒屋の奇跡
「認知力に優れた会社」は社員が元気!

高橋克徳 [(株)ジェイフィール代表],河合太介 [(株)道(タオ)代表取締役社長]
【第6回】 2009年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 その昔、稀代の人気棋士だった升田幸三氏が、ホンダ(本田技研工業)の工場を訪れたときに、本田宗一郎氏に向かって言った言葉があります。

 それは、「あんたのところは歩(ふ)をうまく使っているなあ」というものでした。

 “歩”とは、会社で言えば、末端の一般社員。その末端の一般社員をうまく使っていると褒め称えたわけです。

 これこそが、経営者やチームを預かるものにとっては“最高の褒め言葉”ではないでしょうか。

 工場の守衛さん、清掃員、一般事務員――。こうした役割の人たちが皆イキイキと、そして誠実に仕事をしていることは、とても素敵なことです。

 そして、一見簡単なように見えても、それはそう簡単には実現できないことです。どうしたら、“歩”が元気な職場を作れるのでしょうか。

 この連載コラムでは、第4回において「ニワトリを殺さない職場」、つまり、社員の挑戦を支援するマネジメントの重要性について取り上げました。今回は、「認知」が持つパワーについて、お話します。

人は自分を認めてくれる人を
好きになり、頑張ろうとする

 人はどんな人を好きになるか?

 それは、「自分を認めてくれる人」です。人は、自分を否定する人を好きにはなれません。

 「こんなことができる」「こんなよいところがある」というのは、その人にとってアイデンティティそのもの。この部分に気付いてもらえると、「自分は認められた」と嬉しくなる。そんな経験が誰しもあるはずです。

 現在、たくさんの企業が成果主義を導入しています。しかし、失敗しているケースも数多いのが実情だそうです。

 理由はたくさんありますが、その1つを挙げると、「単純な成果主義では、認められるのはもっぱら業績のよい人、目立つ仕事をしている人だけ」だからです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋克徳 [(株)ジェイフィール代表]

野村総合研究所、ワトソンワイアットを経て、ジェイフィールの設立に参加。組織における感情問題の解決や組織活力向上のコンサルティングに全力を注ぐ。多摩大学講師など、多方面で活躍。共著の『不機嫌な職場』(講談社)はベストセラーとなる。
-----☆★日本中の職場をご機嫌に!★☆-----
ジェイフィールのホームページはこちら


河合太介 [(株)道(タオ)代表取締役社長]

ワトソンワイアットを経て、「人と組織のマネジメント研究所」(株)道(タオ)を設立。ベストセラーとなった『ニワトリを殺すな』をはじめ、『デビルパワー エンジェルパワー』『育ちのヒント』(共に幻冬舎)など著書多数。慶応丸の内シティーキャンパス客員ファカルティー。


不機嫌な職場の治療法

職場のコミュニケーションが断絶され、社員の対立や生産性の低下に悩む企業が続出しています。この連載では、ベストセラー「不機嫌な職場」の著者陣が、そんな職場の「治療法」をケース別に徹底指南します。

「不機嫌な職場の治療法」

⇒バックナンバー一覧