フィリピン 2014年6月6日

ある退職者の災難の教訓
フィリピン出会い系サイトの落とし穴

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さん。今回は志賀さんの元に寄せられた、ある退職者の相談から。フィリピン出会い系サイトの落とし穴とは?

 ある退職者の方から、「助けてください」と題して以下の内容のメールが舞い込んだ。

〈出会い系サイトで知り合ったフィリピーナからの借金の申し入れを断ったところ、「レイプで訴えてやる。そうしたら、あなたは一生刑務所から出れない。訴えられたくなかったら500万ペソ(約1200万円)のお金をよこせ」と脅迫された。

大使館に相談したところ、「すぐに日本に帰ったほうがいい」とアドバイスされたので、翌日、日本に帰った。そうしたらさらにEメールで、「警察に告訴して警官と一緒にコンドミニアムに行ったが、本人がいないので大使館で日本の居所を突き止めた」と言ってきた。


さらにその後、女は方針を換えて「警官に嘘の告発をしたと脅されている。10万ペソ(約23万円)を払わないと自分が刑務所にへ入れられるから、なんとか助けて欲しい」と。

送られてきたEメールは数日のうち数十通に及び、いったい何が本当で、何が嘘なのか。放っておいて告訴されたら、いったい自分はどうなってしまうのだろうか。〉


 第三者から見るとこれはすべて女の狂言で、金をせしめるためのつくりごとであることは間違いない。しかし退職者の男性としては、女の狂言よりも、もしも悪徳警官の存在が本当ならどうしようと心配でならない。

 当方のアドバイスは下記のとおりだ。

(1) 日本にいるかぎり、たとえ告訴されたとしても、被告がフィリピンに存在しないので裁判が成り立たない。だから安心していてよい。

(2) たとえでっち上げでも、告訴してきた女を、警察が脅してお金を取るようなことはありえない。

(3) 女からのメールに対しては、絶対に返事をしてはいけない。無しのつぶてがいちばんだ。

 無垢なフィリピンーナをゲットしたいというのは男の夢かも知れないが、そこには大きな落とし穴が待っている。

LAカフェは、かつて一世を風靡した出会い系のバー。エルミタ地区のデルピラールに位置し、カモを探す売春婦と観光客の直接交渉の場となっていた。現在はBAYカフェと名前を代えて、24時間営業をしている【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。