ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司
【第9回】 2008年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

正義感だけではダメ!
時には「清濁」併せ呑める人間に!

1
nextpage

 「今年度も一度も出席することができませんでしたので、大変申し訳ないのですが、この3月をもって脱会させていただきたく存じます」

 「何をおっしゃいますか! 出席していただかなくてもいいんですよ~。御社のような企業が、会員として名を連ねていただけるだけで意味がありますから!」

 当時、全社をあげて経費削減を進めていた我が社では、入会している団体も見直しすることになっていた。

 そんな中で、「継続する必要ナシ」と判断したF協会。十数年前にいわゆる「おつきあい」で、すでに退任した役員が、入会してしまったときから、ただただ年会費を納め続けてきた。

 そのF協会の理事と、我が社の秘書課長とのやりとりだ。

 「そう言われましても、我が社でもこうした活動全般を見直しておりまして、F協会さんの活動目的と、弊社のコンセプトとは乖離していることもございますので、やはり脱会させていただきたく存じます。まったくお役に立つこともできませんので」

 「いいんですよっ! 年会費さえ払っていただければ。正直、御社にやめられたら困るんですよ」

 F協会の理事の本音がポロリ。その一言が、そのやりとりを聞いていた新人秘書を憤慨させた。なんとしてもやめさせないという態度のF協会に腹を立てたその秘書は、上司である秘書課長に向かって声を荒立てた。

 「私、納得できませんっ! 意味のない団体に入会し、決して安くはない年会費を払い続けなくてはいけないなんて!」

 周囲が息を呑んで、見つめる。

 「もうしばらく様子を見ることにしよう」

 「なぜですか! なぜやめることができないんですか? うちになんのメリットがあるんですかっ」

 合理的に物事を考える彼女にはなかなか納得できないことらしい。

 「十数年前、小さな企業だった我が社にとっては、ささやかにも『おつきあい』として意味があったのかもしれないし」

 「でも今、現実的にはまったく意味がないじゃないですかっ」

 「企業としての地域とのつきあいというのもある。もう少し様子を見るしかないだろう」

 新人秘書は、悔しそうに口を結んだ。そして納得できないまま、年会費を納める経理処理を行ったのだ。

 私にも彼女の気持ちがよく理解できた。そんな彼女を見て思い出した。私も秘書課に配属になって間もなくのころ、同じような疑問をもったものだ。

高い「交際費」は
なんのため?

 社会人経験の少ない私たちにとっては、「いったいなんのために……?」と思うことって意外と少なくない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

大学を卒業後、大手食品メーカーに入社。数年後、突然の人事発令により秘書課へ異動。社長秘書となる。


現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司

社長に取り入ろうとする人、メンツと肩書きにこだわる人、やたら口の軽い人、etc・・・。現役の社長秘書だからこそ見えてくる社内の困った上司たち。部下に慕われる人、嫌われる人、その違いをご紹介します。

「現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司」

⇒バックナンバー一覧