ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

5音音階の和風流行歌全盛期の昭和10年代に
「ジャズ・ソング」で打って出た服部良一

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第53回】 2014年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

連載第48回で、1993年7月1日に「『TOKYO』~都政50周年記念アルバム~」がBMGビクターから発売されたことについて書いた。東京都が都政50周年を記念して東京にちなんだポップス・アルバムを制作したのである。本田美奈子さんによる歌が1曲収録されている。帝国劇場でロングランしていた「ミス・サイゴン」出演中のことだった。プロデューサーは、昭和の代表的な作曲家、服部良一の長男、服部克久さんである。

服部ファミリー3代の作曲家

 このアルバム「TOKYO」の収録曲10曲の歌手、作詞家、作曲家、編曲者をもう一度並べてみる。太字は今回の登場人物だ。

①TOKYO~instrumental~作曲編曲・服部克久
②I LOVE TOKYO…本田美奈子、作詞・湯川れい子、作曲・小林亜星、編曲・鈴木武
③TOKYOプラスティック少年…男闘呼組、作詞作曲・高橋ヤズカ、編曲・男闘呼組&ゲーリー・チョビ
④デスカルガ東京…ORQUESTA DE LA LUZ、作詞作曲編曲ORQUESTA DE LA LUZ
⑤東京ブギ…GO BANG'S、作詞・鈴木勝、作曲・服部良一、編曲・GO BANG'S
⑥ウナセラディ東京~Vocalise~…佐藤しのぶ、作詞・岩谷時子、作曲・宮川泰、編曲・服部克久
⑦東京の屋根の下…EPO、作詞・佐伯孝夫、作曲・服部良一、編曲・服部隆之
⑧東京マップラップ…作詞・奥山侊仲、作曲編曲・宮川泰
⑨東京ラブソディ…SMOKEY MOUNTAIN、作詞・門田ゆたか、作曲・古賀政男、編曲・堀井勝美
⑩TOKYO~Chorus version~…サーカス、作詞・岡田冨美子、作曲編曲・服部克久

 1993年当時の新作は6曲、過去の作品から4曲が選ばれている。この4曲のオリジナルの歌手と発売年は以下のとおりである(カッコ内はオリジナルの表記)。

「服部良一 生誕100周年記念企画 僕の音楽人生」(日本コロムビア、2006)3枚組に63曲収録されている。ジャケット写真は服部良一と笠置シヅ子「音楽畑 オーサーズ ベスト」(服部克久、ワーナーミュージック・ジャパン、2004)90年代から20作以上続いている「音楽畑」シリーズのベスト盤「日曜劇場 半沢直樹 オリジナル・サウンドトラック」(服部隆之、SMD、2013)服部隆之の代表作

⑤東京ブギ(東京ブギウギ)…笠置シヅ子、作詞・鈴木勝、作編曲・服部良一【1948年・日本コロムビア】
⑥ウナセラディ東京(ウナ・セラ・ディ東京)…ザ・ピーナッツ、作詞・岩谷時子、作曲・宮川泰、編曲・東海林修【1964年、キングレコード】
⑦東京の屋根の下…灰田勝彦、作詞・佐伯孝夫、作編曲・服部良一【1949年、日本ビクター】
⑨東京ラブソディ…藤山一郎、作詞・門田ゆたか、作編曲・古賀政男【1936年、テイチク】

 古賀政男(1904-78)の作品「東京ラプソディ」については連載第48回第49回に書いた。今回からはここで2曲収録されている服部良一(1907-93)について。

 このアルバムの作編曲者のクレジットに服部克久さん(1936-)と服部隆之さん(1965-)の名前があるが、服部良一は克久さんの父、隆之さんの祖父である。つまり、親子3代にわたる作曲家ファミリーなのだ。

 2代目の服部克久さんは歌謡曲やポップスの作曲家というより、映画やテレビのサウンドトラックやコマーシャル、劇場音楽の作曲で知られる。編曲家としても「Music Fair」(フジテレビ)などで長年活躍している。自ら編成したオーケストラによる自作管弦楽作品「音楽畑」シリーズ(ワーナー・ミュージック)でも有名だ。

 3代目の服部隆之さんも克久さんと同様のジャンルで知られる。2013年に驚異的な高視聴率でブームとなったテレビドラマ「半沢直樹」(TBS)のサウンドトラック(SMD)が最近の代表的な作品だろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

日本のポピュラー音楽の誕生をレコード産業の創始と同時だと考えると、1910年代にさかのぼる。この連載では、日本の音楽史100年を、たった20年の間に多様なポピュラー音楽の稜線を駆け抜けた本田美奈子さんの音楽家人生を軸にしてたどっていく。

「かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史」

⇒バックナンバー一覧