ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

食事を作りたい人と食べたい人をマッチングする
米国で話題の新サイト「Feastly」の魅力

岡 徳之
2014年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 あらゆるものがシェアされるようになってきた。Airbnbによって空き部屋が旅行者にシェアされ、DogVacayによって犬好きの米国人の時間が旅行に出かけたい飼い主にシェアされた。お次は「シェフの時間」がグルメな人たちにシェアされ始めている。

 「Feastly」は、食事を作りたい人と食べたい人をマッチングさせるサービス。今年1月にベータ版がローンチされ、今は米国のニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンD.C.の3つの都市に絞って展開されている。エリアは順次拡大していくものと思われる。

アマチュアシェフが大ブレイクする可能性も秘めている「Feastly」

 仕組みはこうだ。食事を作りたい人は、まず氏名、自分の写真、略歴、電話番号、調理経験、サービスを利用する目的などの基本情報を入力して登録。続いて、自身で考案したメニューをアップロードする。3品のコース料理が主流だが、ワンプレートものもあるようだ。そして、価格や日時、ドレスコードなど詳細を設定。あとは食べたい人からのオファーを待つのみ。

 食べたい人は、Facebookアカウントもしくは登録したメールアドレスとパスワードを入力してログイン。エリアや価格、日時、キーワードなどで検索する。ちなみに価格は無料~200ドルまでの範囲で設定することができるが、Feastly共同創業者のNoah Karesh氏によると平均価格は約35ドルだそうだ。予約する際は、こちらも略歴などを明かす必要がある。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

おか・のりゆき

「マイナビニュース」「J-CAST」など、主にウェブ媒体での執筆活動を行ない、IT業界全体を俯瞰するマ クロな視点とウェブ技術に特化したミクロな視点で、業界を定点観測している。デジタルネイティブ世代とロスジェネ世代の中間層(1986年1月生まれ)。PRエージェンシー勤務を経 て、2011年より企業広報・ソフトウェア開発を専門とした株式会社tadashikuを立ち上げる。国内大手BtoCブランドのPR業 務に従事し、国際的な広告賞を受賞したデジタルクリ エイティブキャンペーンにも携わった。


デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧