ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

三菱重工が世界再編の渦へ
アルストム争奪戦に参戦

週刊ダイヤモンド編集部
2014年6月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 欧米の間で巻き起こっていた世界的な重電業界の再編劇に、三菱重工業も名乗りを上げた。

火力事業統合会社、三菱日立パワーシステムズは、シナジーを出す暇もなく世界再編の荒波へ
Photo by Takahisa Suzuki

 6月11日、仏重電大手アルストムのエネルギー部門をめぐって繰り広げられていた買収合戦に、独重電大手シーメンスと共同で提案を検討すると発表したのだ。

 アルストム争奪戦の経緯を振り返ると、米重電大手ゼネラル・エレクトリック(GE)が先行するかたちで、アルストムに対して買収案を提案。その後、仏政府が自国内の雇用やエネルギーセキュリティを守りたいという思惑から、2社の間に横やりを入れる。提案内容をさらにつり上げるために、アルストムがGEの買収案へ回答する期限を延長させ、シーメンスに対案を出すよう促していた。

 そして、シーメンスは自社の鉄道事業に現金支払いを加えたものと、アルストムのエネルギー事業を交換するという驚くべき案を模索していたのだ。

 エネルギー事業では、GEとシーメンスは世界2強で、アルストムも五指に入る実力の持ち主。鉄道事業では、シーメンスとアルストムは世界の“ビッグ3”と呼ばれる。そんなトッププレイヤーたちが繰り広げる世界再編の渦中へ、三菱重工はシーメンスとコンビを組んで飛び込もうとしているのだ。

次のページ>> 規模こそが利益の源泉
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧