ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

同サイズなら低価格品がお得度大!
エコポイント付きテレビの「賢い購入法」

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第79回】 2009年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 省エネ家電の購入にポイント還元が行なわれる「エコポイント制度」だが、5月中旬のスタート当初は「見切り発車」の感が否めなかった。

 だが、いざ始まってみると、対象製品の販売には、かなりプラスに働いているようだ。補正予算が成立したので、ようやく実施が確定したと言っても良いだろう。

 いわゆる「景気刺激策」なのだろうが、“エコ”をお題目に据えることで、各方面の同意を得ようとすり寄っている様子がうかがえて、個人的にはとても気に入らない。

 特に理解不能なのが、「価格の高い大型製品ほど還元ポイントが多い」ことである。「地球温暖化対策の推進」と掲げるなら、電力諸費が少ない小さな製品ほどポイント数を多くするのが正しいはず。「大型製品ほど電力を食う」のは、素人だってわかることだ。

 つまりこれは、単なる景気刺激策の域を出ていないのだ。だったら、掃除機や洗濯機、PCなども対象製品に入れたほうがよいのではないか?

 さて、文句ばかり言っていても始まらないので、本題に入ろう。

 下図をご覧いただければわかるように、エコポイントはテレビのサイズによって、ポイントが変わる。これによって、“売れセン”に変化が生じたかどうかを調べてみたい。

テレビサイズとエコポイントの比較

 これまでの取材によれば、32V型以下のテレビが圧倒的に人気だった。日本では狭い部屋が多いので、32V型でも十分に満足できる。さらに不況が進むなか、サイフから出る金額が少ないのは、うれしい限りである。

 テレビサイズによるポイント数は、大画面ほど有利になっている。割り算をしてみればわかるのだが、大型ほど還元するポイントの率がよくなっているのだ。

 ただし、実売価格は画面サイズには比例しないので、単純には判断できないが……。

 今回の記事執筆に当たって、売れセンモデルと実売価格を調査してみたのだが、人気上位は32V型が占めており、実売価格は10万円を切るモデルがよく売れている。エコポイントが12000付き、さらに店のポイント還元が10%なら、6万円台から手に入る商品もある。これなら相当に割安だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧