ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

現地徹底取材!米国では見えてこない
ホンダ「インサイト」ひとり勝ちの図式

2009年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

トヨタ自動車の「プリウス」が開拓したハイブリッド車市場に、新型「インサイト」で攻勢を仕掛けるホンダ。日本ではガチンコ勝負が話題になっているが、現実にはトヨタとの彼我の差は依然大きい。特に世界最大のハイブリッドカー市場である米国では「プリウス=ハイブリッド車」のイメージは日本で想像する以上に強烈に消費者の心に焼き付けられており、「インサイト」1台で切り崩すのは至難の業だ。(ジャーナリスト 桃田健史)

当初予定より1ヶ月ほど早く2009年3月24日に米国で発売されたホンダ新型「インサイト」。ホンダ関係者によれば、販売目標は日本の4万台強に対して、北米(アメリカとカナダ)は約10万台という。写真は、LA近郊のホンダ系ディーラーの店頭に並ぶ「インサイト」

 「インサイト」の世界販売目標は、年間で20万台弱。「インサイト」の開発責任者/本田技術研究所・主任研究員の関康成氏によると、その内訳は「北米10万台(アメリカ9万台、カナダ1万台)、日本5万台、欧州は5万台と言いたいが現実的には4万台強」である。

 「インサイト」は2009年3月24日(火)、アメリカで発売が開始された。当初4月22日(水)が発売予定日だったが、それを1ヶ月近く前倒した。その理由について、American Honda Motor Co., Inc(北米ホンダ営業本部)関係者は「こういう時期(=全米自動車販売の低迷期)なので、少しでもディーラーへのトラフィック(=お客の流れ)を増やし、他車を含めた販売活性化をしたいと考えた」という。

 北米市場向仕様のインサイトは全数が三重県鈴鹿工場で最終組み立てされ、カリフォルニアに向けて船輸送される。そのため、ホンダのディーラー店頭に並ぶのも、カリフォルニアが最初となり、全米各地へデリバリーが広がっていく。

 筆者は2008年9月仏パリーオートショーでの「インサイト・プロトタイプ」公開を基点とし、日米での報道陣用記者会見/試乗会、本田技研工業社屋(港区青山)で環境関連雑誌対応でのインサイト開発責任者・関康成氏インタビューなど、新型「インサイト」を様々な角度から取材してきた。この他、過去10年間程、北米でのホンダのハイブリッド車、NGV(Natural Gas Vehicle/天然ガス車)、FC(Fuel Cell/燃料電池)車の開発過程も取材してきた。

 その筆者から見た、「インサイト」の北米販売におけるキーポイントは、次の2点だ。

①ボディサイズ

新型「プリウス」に対してひと回り小さい、Bセグメント。このサイズ感、価格、ハイブリッド車としての付加価値のバランスを、消費者がどう見るか?

②MPG(Miles per Gallon)の数値の現実を、ホンダのブランド力が超えられるか?

EPA(米国環境保護庁)燃費で、City(市街地)40MPG/Freeway(高速路)43MPG、その合算値で41MPG。トヨタ新型「プリウス」の同合算値は50MPG。

 では、このキーポイントの2点を、さらに詳しく解析する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧