タイ 2014年6月27日

第三の性を生きるミス・ティファニーかく語りき
2007年の優勝者Filmさんに密着300分

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』の男性スタッフが、タイのニューハーフたちが美を競う人気コンテスト「ミス・ティファニー・ユニバース」の第10代優勝者に密着インタビュー。その複雑な心境や家族との軋轢のなか、それでも凛として生きる。当時まだ23歳。

 タイには同性愛者が多いと思いませんか。男性のまま男性を好きになり、生きていくとゲイ。女装し女として生き、男性を愛していけばニューハーフ。

  今回、私たちが興味を持って会うことにしたのは、ニューハーフとして生きる人。女装をし、化粧を施す。タイで「ガトゥーイ」といわれる人たちだ。男の性を隠しきれず、「変身だな」とわかる人たちがほとんどの中で、時にびっくりするぐらい美しい人がいる……。

  そのタイ国内のガトゥーイたちで頂点を競うのが、毎年5月にパタヤの「ティファニー・ショーシアター」で開催される「ミス・ティファニー・ユニバース」だ。2014年で17回を数える。毎年秋に行なわれる、日本をはじめ諸外国のミス代表と競う「ミス・インターナショナル・クイーン」への出場権もかかっている人気コンテストだ。

  きっかけはささいなこと。「ポーイちゃん、かわいい~」とデスクトップに水着姿のグラビア写真を貼っている『DACO』編集部のタイ人スタッフ。彼は完全に女好きの男子だ。貼っているポーイちゃんは2004年のミス・ティファニー。今やタイの芸能界で大活躍の女優で、タイ人女性からも支持を得ている。

 どこからどうみてもキュートな女性だ。その写真を見ながら、「ミス・ティファニーに会いたい」と言ってみた。どこまできれいなんだろうか。どうして性転換をしたのか。

 縁あって会うことができたその人は、2007年のミス・ティファニー、Film(以下、フィルム)さん。現役大学生でカセサート大学のシーラチャーキャンパス近くに住む。

 「なんで私を取り上げるんですか」。フィルムさんの質問に「興味があるから」となぜか正直に言えず、ごにょごにょ言っているうちに取材がスタート。与えられたのは5時間。300分1回勝負だ。

歴代のミス・ティファニーとミス・タイランド2007が一緒のスナップ写真。さて本物の女性、ミス・タイランドはだれでしょう。フィルムさん(右から3番目)の左隣にご注目【撮影/『DACO』編集部】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。