アラブ 2014年6月30日

教えて! 尚子先生
シリアの内戦はなぜ解決しないのですか?【中東・イスラム初級講座・第8回】

チュニジア、エジプト、リビアと革命が続く中東。今でも毎日のように、テロや紛争のニュース が絶えません。なぜ中東では革命や政変がこんなに起こるのでしょうか。民衆による抵抗運動が内戦にまで発展してしまったシリアは、エジプトやチュニジアとは何が違うのか。中東研究家の尚子先生がわかりやすく説明します。

 シリアもエジプトやチュニジアのように、「アラブの春」と呼ばれる民衆による抵抗運動が発生した国の一つですが、エジプトやチュニジアとは異なり、抵抗運動が内戦にまで発展してしまいました。なぜ、そして、どのようにして内戦へと発展したのでしょうか? 今回は内戦へと発展した経緯を振りかえり、シリア政権や抵抗運動の特徴を踏まえることによって、内戦が解決しない理由を探ってみたいと思います。

民衆の抵抗運動はなぜ「内戦」に発展したのか

 シリアにおける抵抗運動は2011年3月に始まりました。エジプトやチュニジアのように、シリアにおいても当初は、フェイスブックなどを利用した若者による抗議デモが中心でした。それはアサド大統領に退陣を求めるというより、むしろ、政治・経済の改革や汚職の追放などを求める趣旨のデモでした。

 これに対して、アサド政権側も初期の段階では、内閣を総辞職させるなど一連の経済・政治改革を行なって、デモの沈静化を図っていました。ところが、デモが収束しないまま1カ月を過ぎる頃から、しだいにデモを弾圧するようになっていきました。抵抗運動側もデモ発生から2カ月後の5月には、アサド政権の打倒を叫ぶようになり、暴力を行使するようになっていきます。

 チュニジアやリビアなど、早々と「アラブの春」を終わらせた国からの反政府活動家(戦闘員)が流入し、戦闘はさらに激化していきました。1年後の2012年の春頃から、「内戦」という言葉が各国のメディアで使われ始めました。その後、戦闘に参加している人々に変化が生じたにもかかわらず、「内戦」という言葉が同じように使われ続けています。

 エジプトやチュニジアでは、民衆による抗議デモの開始から、政権が崩壊するまでの期間はわずか1カ月でした。このスピード崩壊の背景には、軍が大統領を見限るという両国で共通した展開がありました。軍が為政者を見限ったからこそ、スピード崩壊が可能になったといっても過言ではないでしょう。

 ところが、シリアでは政権側が抵抗運動を徹底的に弾圧しても、軍は大統領を見限らなかったのです。これがエジプトやチュニジアと決定的に異なっている点です。抵抗運動開始から3年が経過し、16万人ともいわれる犠牲者を出しながらも、軍が現在でもアサド大統領から離れていないということは、シリア情勢を分析する際のひじょうに重要なポイントです。

ハマ水車=シリア:Hama【撮影/安田匡範】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。