ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&Business

広告収入激減でメディア大再編は必定!
台風の目はフールーとマードック

【第18回】 2010年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本のキー局の厳しい未来を暗示する出来事が昨年末、海の向こうの米国で起こった。

 三大ネットワークの一つ、NBCを傘下に持つメディアコングロマリットのNBCユニバーサルが、米ケーブルテレビ大手のコムキャストに経営権を委ねることが明らかになったのだ。

 コムキャストは、NBCユニバーサルを所有するゼネラル・エレクトリック(GE)と合弁メディア会社を設立し、GEに65億ドルを支払って新会社の51%の株式を取得することになる。

 人気ドラマや報道番組でメディア界の頂点に立っていたブロードキャストテレビに、もはや往時の輝きはない。ネットメディアの台頭で“視聴率”を奪われ、そこに昨今の不況も重なって、広告収入は激減している。こうした状況下、NBCユニバーサルは、高速ネット通信のインフラでもあるケーブル網を全米に張り巡らせたコムキャストへの事実上の身売りを決断したのだ。

 テレビといえば、最近の米国の若者はもはや受信機自体を欲しがらないとさえいわれる。ニュースはウェブで、番組視聴はストリーミングですませてしまう彼らには、テレビはパソコンほどの必需品ではなくなっている。

 その変化を象徴するのがフールーの台頭だ。フールーはネット上のテレビ局という位置づけで、NBCユニバーサル、メディア王のルパート・マードック会長率いるニューズ・コーポレーション、ディズニーなどが2008年3月に合同で開設。以来視聴者を順調に増やし、ユーチューブの人気に迫る勢いを見せている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


IT&Business

情報家電、インターネット、携帯電話などハイテク分野の最新ビジネス情報を提供するほか、ITを活用した新しい企業経営の姿を独自の視点で探っていきます。

「IT&Business」

⇒バックナンバー一覧