フィリピン 2014年7月4日

熾烈な顧客獲得競争でも
フィリピンの携帯電話会社が利益を確保できる秘密

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのフィリピンレポート。フィリピンの携帯普及率は高く、国民の4分の3が保有しているという。通信会社のシェア争いが激化するなか、格安料金の裏に、とんでもない罠が。携帯電話会社からのメールにご用心。

 フィリピンの携帯電話の普及は目覚しいものがあり、現在はハイスクール以上の全国民が1人1台どころか2台持っているのではないかと推定される。そうなると国民の4人に3人が携帯保有者で、その数は7000万台程度となる。シェアはGlobe、Smart、Sunが市場を分け合っていて、各社とも熾烈なシェア争いをしている。

 フィリピンで普及しているのはプリペイド方式で、ロード(チャージ)した分だけ使える。携帯電話とシムカード、それとプリペイドカードを買ってロードしたら、その場で使えるという便利なものだ。また電話会社の乗り換えはシムカード(1枚50ペソ=約115円)を交換するだけだから簡単にできる。1台で何枚ものシムカードを使い分ける人もいるし、ダブルシムなんていう携帯もある。

 そのため電話会社はユーザーをつなぎとめるのに必死だ。ちょっと油断すると、ユーザーは50ペソ(約115円)支払ってほかの電話会社に移ってしまう。

 各電話会社の売りは、アンリテキスト(Unlimited Text、フィリピンではメールのことをテキストと呼ぶ)あるいはアンリコール(Unlimited Call)と呼ばれる、メール打ち放題、電話かけ放題のサービスだ。例えば、1日20ペソ(約46円)払えばメールが打ち放題になる。ほとんどのフィリピーノは恋人との交信などにこれを利用して、一日中メールを打ちまくっているのだ。

 さらに同じ電話会社同士なら通話料が無料になるため、メイドなどが仕事をさぼって数時間も話しまくっている。こんなサービスをしていたら電話会社は共倒れになってしまうのではないかと心配になるが、したたかな戦略を持って彼らはたくみに通信料を稼いでいるのだ。

私を待っている間は、常に彼女との交信(テキスト)にいそしむドライバーのボボイ【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。