ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”

NOVAに新たに粉飾決算疑惑!
大手監査法人の責任焦点に

町田 徹 [ジャーナリスト]
【第6回】 2007年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 破綻した英会話学校大手NOVAが今週(11月27日)、ジャスダック市場から「上場廃止」処分を受ける。消費者に不利な解約ルールに最高裁からノーを突き付けられたうえ、「誇大広告」「不実告知」などの違法行為で経済産業省から業務停止命令を受けた果ての末路である。

 だが、30万人とも40万人とも言われた受講生の多くは今なお、受け入れ先が決まらず、授業料を返還して貰えるメドもたたない。外国人講師の処遇も抜本的には進展していない。問題は、ほとんど解決していないのが実情なのだ。

 さらに、ここへきて、そんな“NOVA事件”に、新たに疑惑が浮上してきた。同社が何年も前から粉飾決算をしていたのではないか、との疑惑である。事実とすれば、監査法人も責任を免れない。“NOVA事件”の闇は一段と深まるばかりだ。

 まず、破綻したNOVAが今夏公表していた有価証券報告書(昨年度分)の連結財務諸表の注記をご紹介しよう。

 それによると、NOVAは、<売上高のうち、主な収入である駅前留学サービス収入は、主として「入学金」ならびに「受講料」(うち45%が「NOVAシステム登録料」であり、残りの55%が「NOVAシステム利用料」であります。)から構成>され、そのうち<「入学金」および「NOVAシステム登録料」については、契約時に収益として計上し、「NOVAシステム利用料については、契約期間に対応した期間にて均等計上して>きたという。

 つまり、NOVAは、受講生から受け取った受講料を、「NOVAシステム登録料」と「NOVAシステム利用料」に分別し、「NOVAシステム登録料」を契約時点で売り上げとして計上していたというのである。

 だが、考えてみれば、この処理は非常に奇妙である。というのは、受講者が契約しかしていない段階で、NOVAが売り上げに計上するのならば、「NOVAシステム登録料」は本来「入学金」の中に含まれていなければおかしいからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

町田徹 [ジャーナリスト]

1960年大阪府生まれ。神戸商科大学(現兵庫県立大学)卒。日本経済新聞社に入社後、記者としてリクルート事件など数々のスクープを連発。日経時代に米ペンシルバニア大学ウォートンスクールに社費留学。同社を退社後、雑誌「選択」編集者を経て独立。日興コーディアルグループの粉飾決算をスクープして、06年度の「雑誌ジャーナリズム賞 大賞」を受賞。「日本郵政-解き放たれた「巨人」「巨大独占NTTの宿罪」など著書多数。


経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”

硬骨の経済ジャーナリスト・町田徹が、経済界の暗部や事件を鋭く斬る週刊コラム。独自の取材網を駆使したスクープ記事に期待!

「経済ジャーナリスト 町田徹の“眼”」

⇒バックナンバー一覧