ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アマデウスたち

安田 侃
石に表現する悠久の時の存在

週刊ダイヤモンド編集部
【第25回】 2008年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
安田 侃
写真 加藤昌人

 かつて、炭鉱の町として栄えた北海道美唄市。石炭の時代が終わりを告げると、人びとは去り、廃校となった小学校が残った。イタリア、トスカーナ郊外に居を構え、創作活動を続けてきたこの世界的巨匠は、17年も前から、朽ちかけた故郷に命を吹き込み続け、彫刻公園「アルテピアッツァ美唄」が生まれた。

 40点もの大理石とブロンズの作品が、緑の大地に腰を下ろし、子どもたちの歓声の記憶を残す教室や体育館を飾る。「アートとは、知ることではなく、感じること」。その言葉どおり、独特の柔らかい曲線、光と影を抱く凹凸に触れ、またがり、横たわると、宇宙とのつながりを実感できる。

 芝生が広がる広場にはまぶしい白の2本の柱が、まるで天から降りてきたように突き刺さり、真ん中の1本は大地とのすき間に「真実」を表現している。真実の下を流れる水は「時間」。なにも解釈しない子どもたちは、喜んで浸り、甲高い笑い声を上げる。子どもたちの歓声が帰ってきた。

 もう40年も、石と向かい合ってきた。

 「もたっとしているところを磨き込んでいく。最後のひと皮を剥ぎ取った瞬間、生命体を宿したように、ふっと呼吸を始める」

 その石はミケランジェロが500年前に彫り続けたものとまったく同じだ。東京ミッドタウン、フィレンツェ・ボーボリ庭園――。世界に点在する安田侃の彫刻は、悠久の時の存在を、儚い命である私たちに教えてくれる。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長 遠藤典子)

安田 侃(Kan Yasuda)●彫刻家。1946年生まれ。東京藝術大学大学院彫刻科修了後、1970年イタリア政府招聘留学生として渡伊。ローマ・アカデミア美術学校でペリクレ・ファッツィーニ氏に師事。「アルテピアッツァ美唄」で、第15回村野藤吾賞を受賞。2008年1月28日までフォロ・ロマーノ、トラヤヌス帝の市場にて、ローマ展「時に触れる」を開催。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


アマデウスたち

様々なジャンル、フィールドで活躍する異才にスポットをあてて紹介する。自身の原点となったコト・モノをはじめ、自身が描く夢まで素顔の異才達が登場する。

「アマデウスたち」

⇒バックナンバー一覧