ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

50歳、仕事に疲れ飽きたら貢献の場としての第2の人生をつくる

上田惇生
【第166回】 2009年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
断絶の時代
ダイヤモンド社刊 2520円(税込)

 「50歳といえば働き盛りである。その彼らが仕事に疲れ飽きたということは、第一の人生では行き着くところまで行ったということであり、そのことを知ったということである」(『断絶の時代』)

 趣味や教養では生き返れない。プロの味を知っているからには素人の時間つぶしでは飽き足りない。

 カネは持っていても、趣味を生活の中心に持ってくることはできない。その気はない。仕事以外のものに生きるには、かつての貴族のように、子どもの頃からなれていなければならない。

 彼らが必要としているものは貢献である。子どもは成人しローンは終わった。知り尽くした仕事に関心を失った者が、なにか新しいことで貢献したがっている。

 組織のほうも、飽きて貢献のできなくなった人たちから解放されたい。一人ひとりの人間のほうも、定年という締め切り日とは関係なく、再び生産的に働けるようにならなければならない。

 したがってドラッカーは、第二の仕事の卸売市場をつくる必要があると言う。特に若い人たちが後ろにつかえていない仕事に彼らが就けるようになったとき、初めてわれわれは労働寿命の延長という現代の偉業を生かすことができたといえると言う。

 「仕事に挑戦を感じなくなった者は成長が止まったとされる。だが有能であって病気でないならば、仕事さえ変えれば再び成長する。刺激と充実の源だった仕事への倦怠から逃れるための酒や、火遊びや、精神分析医よりもはるかに面白いはずである」(『断絶の時代』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧