ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

三大都市の地価反転するも
喜べぬ“トリプル高”の足枷

週刊ダイヤモンド編集部
2014年7月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 大都市での地価が大きく回復傾向にあることが明らかになり、不動産市況にようやく明るさが見え始めてきた。

 国税庁が7月1日に発表した2014年の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比0.7%減少と6年連続で低下した。

東京、名古屋、大阪の平均路線価が6年ぶりに上昇に転じた
Photo:Flickr Vision/gettyimages

 しかし、宮城、福島、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪の8都府県で上昇に転じ、特に三大都市圏の東京、名古屋、大阪がそろって6年ぶりに上昇となった。

 地価上昇が顕著な場所の一つが東京・銀座だ。路線価日本一は今年も銀座の文具店「鳩居堂」前の銀座中央通りだが、その周辺の不動産も上昇基調にある。

 例えば今春、オンワードが銀座3丁目の東京駐車ビルを購入。「中央通りと晴海通りに面した銀座中心部以外では、1坪当たり価格が1億円を超えるとバブル」(業界関係者)といわれる中、オンワードの購入額は1坪当たり約1億2000万円とみられる。

 それでも、外国人観光客が増える中で銀座での出店需要は旺盛だ。

 「銀座で1階に出店できる場所は昨年から今年にかけて激減した」(業界関係者)という状況であり、今後しばらくは銀座人気が続く可能性が高い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧