フィリピン 2014年7月16日

7月のマニラは洪水の季節。
なぜレジ袋は紙製に変わったのか?

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者の ためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのフィリピンレポート。今年は日本も記録的な大雨によって多くの被害がもたらされているが、マニラの7月はまさに洪水の季節。その原因のひとつに、投棄されるゴミによって、排水溝がふさがれてしまうことにあるという。政府が考えたその対策は? そして人々の反応は?

 7月も半ばを過ぎると、マニラにはいよいよ本格的な雨が降って道路の冠水も日常茶飯事となる。和食レストランやカラオケが集中するリトル東京/マカティ・スクエアあたりはよく道路冠水が起きることで有名だ。

 道路冠水の原因はもちろん大雨だが、小一時間ほど強い雨が降るだけで低い場所にある道路は冠水してしまい、いたるところで道路網が寸断される。ジープニーやSUVは水しぶきをあげて走り抜けるが、タクシーなどのセダン車は必死の覚悟が必要だ。いったんエンジンが止まってしまうと、排気口から水が逆流してエンジンがかからなくなってしまうのだ。

道路冠水は雨季(6月~11月)のマニラの風物で、いたるところで道路に水があふれ、交通が麻痺する【撮影/志賀和民】

 10年ほど前にパソンタモ通りでかなり本格的な下水道工事が行なわれたが、効果があったのは1~2年ですぐにもとに戻ってしまった。

 そもそもマニラは地形が平坦だから、いくら道路に沿って排水溝を埋設しても、勾配がほとんどないため流速も小さく、土砂やゴミが堆積してすぐにふさがってしまう。フィリピンでは予算の関係か、メンテ(維持管理)というものをほとんどしないから、せっかくの排水溝が宝の持ち腐れになってしまうのだ。

 もし適切な勾配を維持しようとしたら、末端で水位が海面以下となって流れる先がなくなってしまう。本来なら地下に大規模な貯留槽をつくってポンプで水をくみ出すなど、大規模な工事が必要になるのだが、そんなことは予算の関係でとてもできない。

 しかもフィリピン人の悪い習性として、ゴミを下水に捨てるということがまかり通っている。とくにスコーター(スラム)ではこの傾向が顕著で、行政の頭痛の種となっている。そんなわけで、道路冠水は雨季のマニラの風物誌として不動の地位を守っているのだ。 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。