ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

ウナギの稚魚シラスが今年は豊漁も
レッドリスト掲載でもう鰻は食べられない?

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第81回】 2014年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 魚偏に春と書いてさわらと読む。

 当然、春の魚だと思い、鰆の煮付けが食いたい、やっぱり旬ものはいいよね、とリクエストしたら、あら、鰆は冬の魚よと家内に言い返され、何を言っているのだ、鰆は魚偏に春と書くんだぞ、春の魚に決まってるじゃないか、むかしつきあってたガールフレンドは梅雨の時期にいつも鰆の煮付けをつくってくれてさ、それが美味くて……、あ~ら、むかしのガールフレンドって、××ちゃんかしら、それとも××ちゃん? もしかして××ちゃんだったりして。

 という会話がずいぶんとむかし……、結婚間もないころにあって、以来、我が家で、鰆は冬のお魚になりました。むかしの女を知っている女房ってのは考えものだな、と思いながら調べたところ、鰆の旬は、関西が春、関東は冬なのだそうです。

 関東と関西で旬の時期が違うなんて、鰻のさばき方みたいだな――、ということで、鰻のお話です。ウナギは、何故か関西では腹開き、関東では背開きですね。

 ショックだった方も多いだろうが、先月十二日、国際自然保護連合(IUCN)が、ニホンウナギをレッドリスト(絶滅危惧1B)に指定した。過去三〇年で、生息数が五〇%以上減ったという基準を満たしてしまったからだ。

 絶滅危惧1Bというのは、1A、1B、2と三分類されたカテゴリーの中で「近い将来、野生で絶滅する危険性が高い」種を言う。1B指定は全部で六八〇七種あるそうだが、ジャイアントパンダやトキもここに含まれる。

 トキと同じだとするとものすごくピンチのようにも感じられるが、参考までに、1Aは「ごく近い将来、絶滅の危険がある」で四五五四種、2は「絶滅の危険が増大している」で一万七四二種だ。

 日本では、環境省がつくる日本版レッドリストに昨年の段階でニホンウナギを指定していたこともあり、鰻好きにすれば、来るべきものが来たといった感じだ。

 だが、レッドリストに指定されると、ゆくゆくはワシントン条約でウナギの輸入が禁止される可能性もあり、つまりは……、考えたくはないが、鰻はいまほど簡単に食べられる料理ではなくなる日も来かねない、ということだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧