ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
根津嘉一郎
出典「国立国会図書館」

 東武鉄道グループ創業者の根津嘉一郎は1860(万延元)年、甲斐国正徳寺村(現・山梨市)の裕福な名家の次男として生まれました。病弱な兄に代わって家督を継いだもの、株式相場にのめり込み、暴落で大きな借金を抱えます。甲州出身の実業家グループである甲州財閥の雄、雨宮敬次郎から「相場で一時の利を追うよりも事業を経営し、事業を盛り立ててその利益を享受することにせよ」と助言を受けて実業家に転身した根津は、多くの会社の再建を手掛けるようになりました。

 まず、経営不振に苦しむ東京電灯(東京電力の前身)の株式を甲州財閥の支援を得て買い集め、取締役として再建に取り組みました。メモ用紙は折り込み広告の裏を使う、無駄な電灯は消すなど徹底的に冗費を省き、旧経営陣が手を出せなかった石炭購入に関する仕入れ係と業者の癒着にメスを入れ、暴力をも伴う脅迫に屈することなく大幅なコストダウンを実現。経営合理化策を次々と断行し、銀行からの借入金を返済して信用回復に努めました。一方で、社債発行で調達した資金で別の電灯会社を買収するなど攻めの施策も実行し、東京電灯の再建を成功させたのです。

 その後、根津はいくつもの会社を再建しました。経営難に陥っている企業の株主となって経営に参画し、再建して株価を高める手法で「ボロ買い一郎」と揶揄されもしましたが、その目利きと手腕は世の認めるところでした。

 1905(明治38)年、根津は経営不振にあえぐ東武鉄道経営陣の要請を受けて社長に就任。社内改革や事業整理を進めながら、周囲の反対を押し切って増資で得た40万円を投じ、利根川架橋建設を断行し、鉄路を北へ延伸しました。さらに、鉄道事業の収益向上には集客が欠かせないと看破し、反対する住民を説得しながら日光・鬼怒川温泉の開発や工場誘致などを通じて地域振興に取り組みました。再建を果たした東武鉄道の発展を象徴するのが、東京スカイツリーといえそうです。

 日本麦酒鉱泉(現・アサヒビール)、富国徴兵保険(現・富国生命保険)ほか電力、石油、製粉、紡績など、根津が功績を残した業種は多岐にわたります。資本関係を持った鉄道会社は24にも及び、鉄道王の呼称も冠されました。会社再建は容易ではなく、抵抗にも遭いますが、「全然怒らなくて、世の中が無事に過ごせるというわけにもいかない。怒るときは大いに怒ってもいい」と、喧嘩をいとわなかったリーダーの負けじ魂が、勃興期の日本資本主義に飛躍の翼を与えたのです。

Maho Shibui
1971年生まれ。作家
(株)家計の総合相談センター顧問
94年立教大学経済学部経済学科卒業。
大手銀行、証券会社等を経て2000年に独立。
人材育成コンサルタントとして活躍。
12年、処女小説『ザ・ロスチャイルド』で、
第4回城山三郎経済小説大賞を受賞。 

 

▲ ページTOPへ戻る

 

関連記事
なぜ、ユダヤ人のロスチャイルド家は世界一の大富豪になったのか?
渋井真帆連載第1回 リーダーにこそ必要な資質とは?
渋井真帆連載第2回 「希望を配る人」が真のリーダー
渋井真帆連載第3回 信念を貫いた二人のリーダー
渋井真帆連載第4回 現場で流した汗から巨大企業をつくった男
渋井真帆連載第5回 「銀行の覚悟」を日本で教えた英国人バンカー
渋井真帆連載第6回 攻めどころと引き際を心得た男 ―― 岩崎弥之助
渋井真帆連載第7回 カエサルと家康に共通する後継者選びの慧眼
渋井真帆連載第8回 技術革新で世界の女性に幸せを届けた―― 御木本 幸吉
渋井真帆連載第9回 日本初のマーケティングミックスに成功―― 花王創業者・長瀬富郎
渋井真帆連載第10回 技術の力で明治維新を支えた―― 東芝創業者・田中久重
渋井真帆連載第11回 京都を救った異能の2人―― 槇村正直と山本覚馬

 


[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

家計の総合相談センター

〒100-0005

東京都千代田区丸の内二丁目3番2号

郵船ビル1階

TEL:0120-3737-88

http://www.happylife.ne.jp/


 

渋井真帆がナビゲーターを務める
TV番組オンエア

『にっぽん人物列伝-歴史に学ぶ危機管理術の極意-
(BS-TBS 毎週土曜22:54~23:00)

歴史上に登場した英雄・偉人たちの足跡をたどりながら、地域で活躍する中小企業を紹介。歴史上の英雄・偉人たちと現代の企業経営者を対比させた内容で歴史経済作家の渋井真帆がナビゲーター兼インタビュアーとして「危機管理」の本質に鋭く迫ります!



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧