ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IFRS最前線

新会計基準の適用で売り上げが半減?
流通業界が迫られる“収益認識”の国際化

【第8回】 2010年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 会計基準の変更で、会社の売り上げが半減してしまう可能性がある――。多くの会計士や企業コンサルタントは、口々にこう指摘する。

 企業関係者にとって、にわかには信じたくない話だ。しかし実はこれ、ケースによってはあり得ない話でもないという。

 理由は、2015年、または2016年に強制適用が始まるIFRS(国際会計基準)における「収益認識」が、日本の認識とかなり異なるからだ。収益認識とは、平たく言えば「どのような要件が満たされたときに収益を計上できるか」という、会計処理上のコンセプトである。

 もし、従来の収益認識が「国際基準に適していない」と判断されれば、収益として認められなくなる要件が増える恐れがあるのだ。

 日本では、売上高(主な営業活動によって得た収益)を何より重視する経営者が、諸外国と比べていまだに多いと言われる。業態による違いもあるが、歴史の古い企業の中には、昔から「売り上げ至上主義」が企業文化として根付いているケースも少なくない。

 不況の出口が見えないなか、その大事な売り上げが、単なる会計基準の変更によって急減する可能性もあると聞いたら、経営者は不安でたまらないだろう。

 ただし、これには注釈がつく。原則主義をとるIFRSでは、具体的な規則は定められていない。企業がフレームワークに従って自ら「適正」と考える指針を決め、会計処理を行なうことが前提となる。

 それは収益認識についても同様だ。にもかかわらず、企業関係者が必要以上に不安を抱くあまり、巷に拡大解釈が広まっている側面もある。

 では、IFRSと日本の会計の間には、収益認識にどのような違いがあるのだろうか? 具体的なケースを交えながら、その違いと産業界が被りかねない影響について、考えてみよう。

 ごく単純に言うと、IFRSの収益認識では「リスクと経済価値の移転」が重視されている。すなわち売り手は、商品を所有することによる重要なリスクと経済的な便益が買い手に完全に移転した時点をもって、収益計上することが望ましいということだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


IFRS最前線

2015年にも日本企業に強制適用される可能性がある国際会計基準(IFRS)。“世界標準”ともうたわれるこの基準の適用は、日本経済にどのような影響を与えるのか。IFRSを様々な角度から取材し、その実態に迫る。

「IFRS最前線」

⇒バックナンバー一覧