タイ 2014年7月25日

タイに住む日本人からの相談
「タイの自動車税と車検について教えてください」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:今年になって追加の費用を請求された 

ブンさん、いつも楽しみにしております。
 (前略)よくわからなかったのでご連絡差し上げました。
 自家用車の事でございます。タイで新車を買い、毎年税金をサービス店で委託して払ってもらっていました。
 これまではなかったのですが、今年になって、陸運局に車を持っていかなければならないので余分にお金がかかる、と言われました。
 言われるままに支払いを済ませたのですが、説明がよくわからなかったので、もしよかったら、タイの車の納税の仕組みを教えていただければと思います。
 私の車は今年で登録から6年ぐらいになるのですが、タイでは日本のような車検はいままでありませんでした。が、何年か経つと、日本の様な車検があるということでしょうか?
 ご回答いただければと存じます。(MM)


【ブンからの回答】

車検は7年目から

 タイでは、新車を購入して7年目から車検義務が発生します。MMさんの想像どおりです。

車両登録=納税

 次に車両登録についてです。毎年1回の車両登録の更新時に支払うお金=「自動車税」です。この支払いは、納付期限日からさかのぼって90日の間に手続きを済ませなければなりません。

 フロントガラスにタイ暦のステッカーが貼ってありますよね。次の支払いは何年の何月までと、警察がひと目で見て分かるように色分けされていて、税金の未払いを防いでいます。

 手続きに必要な書類は、①車両登録証(次の納付期限日が書かれています)と②自賠責保険。満7年目以降の車両の場合は、これに加えて③車検証明書が必要になります。

フロントガラスの助手席側上部に貼ってある車両登録ステッカー。2557というのがタイ暦で、2014年にあたる【撮影/『DACO』編集部】

納税額はいくら?

 納税額は排気量によって累進します。~600ccまでは1CCあたり0.5バーツ(約1.5円)、1800ccまでは同1.5バーツ(約4.5円)、1800cc以上は4バーツ(約12円)です。2997ccの排気量の車でしたら、(600×0.5)+{(1800ー600)×1.5}+{(2997ー1800)×4}=6888バーツ(約2万664円)を年1回払います。

 ただしこれは個人名義の場合で、会社名義の場合は個人の2倍払うことになっています。

 それから車が古くなっていくと税金は安くなります。6年目から前述の税金から10%引き、7年目で20%……、最高10年目以降は50%になります。

 ローンを組んでいる場合は、そのファイナンス会社から、そろそろ自動車税を払う時期ですよ、という手紙が来ます。必要書類を自分で用意して陸運局か、ビッグCやロータスなどのショッピングセンターの専用カウンターで支払うことができます。

 MMさんはサービス店と書いていますが、ファイナンス会社が手続きを代行しているのだと思います。車を購入して7年目ですから、書類に車検証明書が必要になったので「車検代がかかる」という連絡を受けたわけです。

車検証明書の発行料金

 車検証明書の発行料金は、車両総重量2000kgまでが200バーツ(約600円)、それ以上は300バーツ(約900円)です。

 不合格であれば修理して15日以内に持ち込むと再検査料が半額になります。この車検証明の有効期間は3カ月です。

 MMさん、お役に立てたでしょうか。

(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。