カンボジア 2014年7月24日

「小さな車」の時代?
急成長プノンペンにみる消費者の選択

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住。現在は現地のフリーペーパーの編集長を勤める木村文さんのカンボジアレポート。カンボジア富裕層のシンボルだった大型車から、狭い道路を走る庶民の気持ちを反映した小型車へ。「小さな車」はプノンペンの定番となるか?

内戦終結後、「レクサス」はカンボジア富裕層のシンボルだった

 1993年夏、私が初めてプノンペンに来た時、走っている車といえば国連暫定統治機構(UNTAC)の車だった。やたらと図体の大きな車が小さな街を走っていたが、そのころは道路も多くは未舗装だったし、雨が降れば洪水だし、首都のど真ん中でさえ泥にはまるような道の悪さ。何より、首都と、いまだ紛争地であった地方を行き来するには、ランドクルーザーのような大型車が必要であることは、よく理解できた。バイクもあまりなく、庶民の交通手段は主にシクロ(自転車で座席のついたカートを押し走る)だった。

 内戦終結後の復興期になると、バイクも増えてきたが、「これでもか」とばかりに黒塗りの高級車ばかりが走るようになった。それも、判で押したようにトヨタ「レクサス」。ご丁寧に車体にLEXUSと書いてあるから、車音痴の私でも名前を覚えてしまう。レクサスは戦後復興の期間、長い間、カンボジア富裕層のシンボルとして、揺るがぬ人気を誇ってきた。

 その「レクサスの時代」が終わりを告げつつある。と、いうと時期尚早かもしれないが、首都プノンペンを見る限り、車の所有者そのものが増えていると同時に、車種も多様化してきている。割賦販売が浸透すれば、「こんな車に乗りたい」という消費者の嗜好ももっと多様化するだろう。

大型の車が行き交うプノンペンの目抜き通り【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。