ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

景気回復映す業績相場移行で
日本株の“地味な”上昇続く

成瀬順也(大和証券チーフストラテジスト)
2014年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本株の地味な上昇が続いている。日経平均株価は7月4日に1万5437円へと上昇。1月23日以来の高水準となった。「地味」の意味は二つ。値上がり幅が小さく、出来高が少ないことだ。

 相場が派手さに欠ける主因はイベント期待の剥落だろう。日本銀行による金融緩和や、政府による景気対策など、これまで株価を大きく動かしてきた「イベント」が少なくなった。しかし、それこそが株価上昇の主因でもある。景気回復期待が高まり、追加対策が不要になったのである。

 株式市場では景気「対策」期待相場から景気「回復」期待相場への移行、すなわち金融相場から業績相場への移行が進んだものとみられる。今後も地味な上昇局面が長く続くだろう。

 今回の景気回復の先導役は個人消費である。このパターンは珍しい。通常、輸出や設備投資といった企業主導で景気が回復し始め、雇用環境の改善を通じて、後から個人消費が回復する。しかし、今回はアベノミクスや異次元の金融緩和によって株価が上昇し、資産効果やマインドの改善によって個人消費が先に回復した。

 もちろん、消費主導といっても、消費を増やすためには先立つものが必要。昨年の円安局面で、日本企業は円安による国際競争力の改善を値下げ原資に使わず、輸出数量を増やすより利益を増やすことを選択した。その分、賞与などを増やす余地が生まれた。

 今までの景気回復局面と違ったのはその先。従来、日本の消費者は慎重で、賞与や残業代などの所定外給与だけが増えても、そうした一時的かもしれない所得増は消費に回りにくかった。それが消費に回ったという点では、いわば、米国型の景気回復といえる。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧