ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

あり得ない想定が現実になった!
先を読む「中核戦略策定法」を初公開

デロイトトーマツコンサルティング
【第11回】 2009年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「あり得ないだろう。そもそも議論する価値があるのだろうか?」

 2004年の秋、デロイトのニューヨーク事務所に6ヵ国から集まったメンバーの口から出た言葉である。

 筆者が所属するデロイト トウシュ トーマツ(DTT)では、中期経営計画である「Deloitte 2010」を立案するために、「戦略のパラドックス」の著者であるレイナーの手法を採り入れ、複数のシナリオを各グループに分かれて検討した。

 今回は、その時の経験を例に採り上げ、「中核戦略を導き出す過程」を説明したい。

エンロン事件の発生により
業界存亡への危機感が募る

 グローバルに事業を展開している大手会計事務所グループは、5つあった。ところが、エンロン事件によりアンダーセンが02年に解散に至り、現在の4社体制(DTT、PWC、KPMG、E&Y)へ移行した。

 エンロン事件を受けて、米国では02年7月に企業改革法が可決(翌年施行)された。同法律では、監査を提供している企業に対して、同時提供ができないサービスが定義された。

 たとえば、会計システムの構築、記帳代行、資産の鑑定など、自己監査にあたり、監査の独立性を阻害する恐れのあるサービスである。

 同様の法律は、欧州や日本でも採用されつつあり、DTTにとって2010年までの数年間は市場の不確実性が極めて高い期間であった。

 DTT以外の3社は会計システムの構築で収益を上げていたコンサルティング会社を分離した。それに対してDTTは、法令厳守を前提の上で、会計、税務、ファイナンシャルアドバイザリー(FAS)、コンサルティングを組み合わせて、顧客にとって価値あるプロフェッショナルサービスを提供するというビジネスモデルを採用したため、なおさらである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングの専門家8人が、毎週交代で執筆を担当。筆者名/松下芳生(デロイトトーマツコンサルティング(以下DTC)パートナー兼常務取締役、デロイトトウシュトーマツ(DTT)アジアパシフィックコンシューマービジネスインダストリーリーダー)、佐瀬真人(DTCパートナー)、矢矧晴彦(DTCパートナー)、高橋淳一(DTCシニアマネジャー)、大日方 隆(DTCシニアマネジャー)、高橋俊成(DTCマネジャー)、西川陽介(DTCマネジャー)、細川敦邦(DTCマネジャー)
デロイトトーマツコンサルティングのHPはこちら


不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

世界危機の後遺症で、経済は過去に例がないほど「不確実性」を増している。激動の市場で企業が勝ち残るためには、新たな経営戦略のアプローチが必要不可欠となった。その手法を、大手コンサルファーム・デロイトトーマツコンサルティングの専門家たちが、業界別に徹底指南する。

「不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」」

⇒バックナンバー一覧