ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

西大島「銀杏」――亭主は蕎麦、女将は料理の夫婦善哉

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]
【第15回】 2009年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 亭主は蕎麦打ち、女将は料理。二人で分け合って、二人以上の美味しさを創る。

 学んで、探求して生み出す季節の清々しい蕎麦料理が「銀杏」にはありました。銀杏の大木のオーラが店を守護しているようです。

(1)店のオーラ
銀色に輝く大銀杏にかける夢

新蕎麦の声を聞く頃から大銀杏が銀色に輝いて店を覆う。客がしばし見とれる光景です。

 大木の葉が店を覆っています。新蕎麦の時期から、大銀杏(いちょう)が銀色に輝きだします。それは、店を覆いつくし、守護しているようにも見えます。

 「銀杏(ぎんなん)」が手打ち蕎麦屋を興して6年、客はその大銀杏を目指して店を訪問します。

 西大島の駅から近いのですが、店は路地裏に隠れるようにして静かに息をしています。この立地が、手打ち蕎麦屋に改装するときの、店主とその父親の意見が長年合わなかった要因でした。

 「こんな場所を手打ち蕎麦屋にしてもしかたがない」父親から何回もそういわれていたといいます。

 「親父とはそのことでいつも言い争いでした」

年々深化を遂げる生粉打ち田舎蕎麦。黒い肌に甘皮の星が飛び、香りが豊かに立つ。

 亭主の田中栄作さんが、若い頃の自分の短慮を少し恥じながら振り返ってくれます。

 田中さんはいわゆる町場の蕎麦屋の2代目でした。大学を卒業してすぐに初代の父親の後を継ぐべく店に入りました。

 その頃は常連客も付いていて、出前も多くあり、近所から贔屓(ひいき)にされていました。

 田中さんの心に変化が起きたのは、当時、西神田にあった「一茶庵」の5色蕎麦に出会ったときでした。

 自分の家の蕎麦に比較して、その蕎麦は眩いばかりの光芒を放っていました。せいろ、田舎、更級、茶蕎麦、柚子きり……、繊細な切り口、ほどの良い腰が口中で粘り、喉をするすると駆け抜けました。自分の店の蕎麦に比べて、その違いに衝撃が走りました。

 当時、「蕎麦聖」といわれた、一茶庵創設者の片倉氏が元気な頃で、手打ち蕎麦屋が飲食業の世界に名乗りを上げてきた頃です。

 このあたりから、手打ち蕎麦屋の隆盛の前兆があって、才能のある職人が各地に輩出し、特色のある蕎麦屋が生まれてきました

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
鎌氏の著書「こだわり蕎麦屋の始め方」好評発売中!

脱サラしてわずか1年で、激戦区の神田で人気店をつくりあげた著者が教える「ワンランク上の蕎麦屋の始め方」。開業準備から、極上店へ育て上げる秘訣まで、店づくりのすべてを惜しみなく公開。1890円(税込)

話題の記事

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

大手広告代理店で営業局長やプロモーション局長を歴任後、東京・神田須田町で手打ち蕎麦屋「夢八」を開店する(現在は閉店)。現在は企業経営コンサルタント、蕎麦コンサルタントとして活躍中。著書に『こだわり蕎麦屋の始め方』(ダイヤモンド社)がある。
◎ブログ:蕎麦の散歩道


手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

ここなら誰を誘っても文句が出ない、時代の先端を走る「特上・手打ち蕎麦屋」を紹介。こだわり亭主たちの店づくり、あなたがまだ体験したことのない蕎麦と蕎麦料理。その店独特の「オーラ」の味わい方教えます。

「手打ち蕎麦屋のオーラを味わう」

⇒バックナンバー一覧