日本初のグルーミング専門店、「グルステ」を立ち上げたのは、株式会社 バース(香川県高松市)の香川洋二社長。

「グルステ」受付

 同社はこれまで女性向けエステサロンなど100店舗以上を展開する中で、男性も徐々に身だしなみに気を使い始めてきたことを感じ、既存の店舗で何度かトライアルしてきたそうです。

 男性向けには「美を売るのではなく、清潔になってほしいと考えた」(香川社長)とのことで、男性の清潔感を真剣に考え、それをサポートするための専門店を開発することになったのです。

 同店は女性も利用できますが、比較的男性に使いやすいサービスメニューを用意していることが特徴です。

 筆者が訪れたのは7月中旬の平日夕方。

 ほぼ同じ時間帯に30代ぐらいのビジネスマンも入店。肌の悩みがあるようで、スタッフに質問をしながらグルーミングの施術を受けていました。

 筆者も受付を済ませて、同意書を記入し、本日のメニューを選びます。

タッチパネル式メニュー

 写真のような自動販売機が入口に設置してあります。このタッチパネル式のメニューの中から受けたいサービスを選び、事前に料金を支払うシステムです。何回か利用される方にはパスポートのようなものも用意されています。ちなみに、ひげは3980円(キャンペーンハガキ持参で8月末までは500円)、ネイルは3480円(同500円)、360度鼻脱毛は4980円(同500円)といったラインナップです。

 サービスメニューは身体のパーツごとに分かれていて、男性の気になる箇所のすみずみまで対応できるようになっていました。脱毛だけでも数十箇所対応のメニューが用意されているこだわりようです。

 筆者は、人生初の「360度鼻脱毛」をお願いしました。

女性スタッフが対応

 比較的広めのスペースに3つのベッドがあり、そのひとつに横になり施術を受けます。

 応対してくれるのは女性スタッフで、フィットネスクラブのインストラクターを思わせるような健康的な印象です。

 スタッフの方に鼻の掃除をしてもらい、ワックスを塗られた後、

「3、2、1で取りますので、少しだけ衝撃がありますが、痛くはないと思います。ご安心ください」と伝えられます。

「スリー、ツー、ワン」で抜くと、なんとびっくりするくらいの鼻毛が!両方を何度か繰り返し、「かなり綺麗になりました」と言ってもらったため、自分でも鏡で確認。すると、びっくりするくらい綺麗に脱毛ができていました。

「みなさま鼻脱毛をやると、鼻が通ったとか、臭いがよくわかるようになったとおっしゃいます」と同店スタッフのゆきさんは言います。

 確かに鼻の通りがよくなり、今まで以上に臭いにも敏感になったように感じます。

 人生初の鼻脱毛は時間にして約20分ほど。短時間でさっとできるグルーミングに新風を感じました。グルステは当面、東京を中心に展開していくようです。