旬を楽しみ、身体が喜ぶ 江戸料理
【第77回】 2014年8月8日 車 浮代

不老長寿の秘薬と言われた「無花果《いちじく》」
干したものは参勤交代のお供に

 「花が無い果物」と表記される無花果ですが、私たちが実だと思って食べているモノ、実際は実ではなく、花だということをご存じでしょうか?

焼き無花果
【材料】無花果…1個
【作り方】①無花果はヘタを切って半分に切り、オーブンで5分程度焼く。電子レンジで2分程度温めても良い。

 無花果を割ると、ぎっしりと赤いツブツブがありますが、あの一粒一粒が満開の花、というわけです。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

旬を楽しみ、身体が喜ぶ 江戸料理

栄養価の高い旬の食材を、あまり手を加えずにいただく――。これが江戸料理の醍醐味であり、健康長寿につながる正しい食のあり方だと思います。このコラムでは、江戸料理と健康をテーマに、食材ごとの情報とレシピをご紹介していきます。

「旬を楽しみ、身体が喜ぶ 江戸料理」

⇒バックナンバー一覧