ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]
【第3回】 2014年8月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
池井戸 潤

半沢直樹シリーズ最新作!
池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]
【序章】ラストチャンス(第3回)

1
nextpage
半沢直樹シリーズ最新作『銀翼のイカロス』

東京中央銀行にとって最重要課題のひとつである「帝国航空の再建」だが、帝国航空は業績不振で短期間のうちに資金繰りが悪化する可能性もある。そのようななか、帝国航空の修正再建案を「信用できる形にまとめてもらいたい」というリクエストを、中野渡頭取から受けた半沢だった。

 帝国航空の業績悪化が報道される一方で、同社社員の並外れた厚遇ぶりも知られるところとなって、世論は冷ややかだ。血税での救済は国民の誰もが納得しないだろうし、そんなことをすれば、ただでさえ低空飛行の憲民党政権の支持率は地に墜ちる。近い将来行われるであろう総選挙でのマイナス要因になることは確実だ。
「当然のことだが、ウチとしてもいま帝国航空に倒産されては困る。先日、政府主導で経営改善のための有識者会議が発足したばかりだ。それは知っているか」
「新聞で読みましたから」
 と半沢。「ですが、今ひとつ有識者会議の性格付けがわかりません」
「お飾りだよ、あんなものは」
 内藤は切り捨てた。「学者や財界の有名人が集まって、ああでもないこうでもないといったところで、具体的に計画を作るだけの労を執る者はいない。これから着手する修正再建案は、実務レベルで作成し、最終的にその有識者会議のお墨付きを得て、正式な計画として発表されることになる。今度こそ、生ぬるい計画案は排さねばならない」
「もし、修正再建案が不調に終わった場合は?」
 そろりと、半沢はきいた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池井戸潤(いけいど・じゅん)

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。他の代表作に『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』や、この作品の前作となる半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』などがある。

 


半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]

半沢直樹シリーズ最新作『銀翼のイカロス』。 頭取命令により経営再建中の帝国航空を任された半沢が、500億円もの債権放棄を求める政府の再生タスクフォースと激突する。巨大権力相手に、史上最大の倍返しとなるか? 発売3日で発行部数が55万部に達した大人気エンタテインメント小説の、序章の一部を公開!

「半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]」

⇒バックナンバー一覧