ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

異例の資本提携に隠された
伊藤忠が抱く飽くなき野望

週刊ダイヤモンド編集部
2014年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

タイの巨大財閥と資本を持ち合うビッグディールの合意にこぎ着けた伊藤忠商事。商社初となる異例の資本提携に懸ける狙いは何か。 

お互いに1000億円前後の資本を入れることになった伊藤忠商事の岡藤正広社長(左)とチャロン・ポカパングループの謝国民会長(右)

 昨年の年末以降、伊藤忠商事の岡藤正広社長は、極秘で香港に足を運んでいた。商社業界でかつてない“ビッグディール”を成功させるべく、交渉を行うためだ。

 そのディールとは、傘下に約200社の企業を抱え、売上高は合計で4兆円を超えるタイ最大財閥のチャロン・ポカパン(CP)グループとの資本提携だった。

 きっかけは、昨年11月にCPグループのタニン・チャラワノン(中国名:謝国民)会長が伊藤忠本社を訪れたことだった。CPの狙いは、世界中にネットワークを張り巡らせ、調達力や情報力に優れる日本の総合商社と深い関係を築くこと。そのため、「ビジネスパートナーとして、伊藤忠の株式を持たせてほしい」と申し出たのだ。

 国内外、業種を問わず幅広く投資する商社にあって、資本提携は珍しいことではない。だが、CPは伊藤忠本体への出資を求め、株式の持ち合いを提案してきたのだ。

 これを受け岡藤社長は、急きょCPのデューデリジェンス(資産の精査)を進めるとともに、全社に「CPと共に実現できる商売を全て洗い出せ」と大号令を掛けたという。

 交渉の結果、CPは伊藤忠が実施する1024億円の第三者割当増資を引き受け、合計5%弱の株式を持つ実質的な筆頭株主に、一方の伊藤忠もCPのグループ企業に66億香港ドル(約870億円)で25%を出資することで合意した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧