橘玲の日々刻々 2014年8月12日

[橘玲の日々刻々]
ウクライナの親ロシア派「義勇兵」とは何者なのか?

 ウクライナ上空で乗員乗客298人が乗ったマレーシア航空の旅客機が撃墜された事件は全世界に衝撃を与えました。現在も真相究明が進んでいますが、親ロシア派の武装勢力がロシア軍から供与された地対空ミサイルを誤射したとみて間違いないでしょう。

 ところで、「親ロシア派」とはいったい何者なのでしょうか。

 ウクライナ危機は、民族紛争というより地域対立です。ポーランドなどEUに加盟した旧共産諸国と接する西部地区と、ロシアの強い影響下に置かれた東部地区では、経済政策の利害が真っ向から対立してしまうのです。

 そんななか、ソチ五輪を利用して親EU派がクーデターを敢行し政権を奪取します。それに対抗してロシアは、軍事戦略上の拠点であるクリミアを併合しますが、その後、東部地区に親ロシア派の武装勢力が台頭してきたのです。

 ところで、報道によるとこうした武装勢力は大半がロシアからやってきた義勇兵です。ウクライナの首都キエフは古名がルーシであるように「ロシア発祥の地」とされており、同朋が差別されていることと、その聖地がヨーロッパに奪われることへの反発が彼らを駆り立てているのだといわれます。

 しかし、それだけのことで隣国の紛争に参加しようと思うでしょうか。家族や恋人と離れ、仕事を失い、生命まで賭けなければならないのです。

 このように考えると、「義勇兵」に志願するのはふつうのひとたちでないことがわかります。

 ウクライナで起きていることは、1990年代にボスニア紛争に介入したセルビアとよく似ています。

 ユーゴ建国時のパルチザンの英雄の息子として生まれたアルカンは、厳格な親に反発して不良となり少年院に送られたあと、イタリアでユーゴ出身者の地下組織に加わって銀行強盗や殺人などの凶悪犯罪を繰り返し、国際指名手配犯となります。ベオグラードに戻ってからはカジノ経営で成功し、裏社会に君臨する一方、ストイコヴィッチが所属していたことで知られる名門サッカークラブ・レッドスターの関連会社の社長に収まりました。当時はユーゴスラヴィアが崩壊に向かう混乱期で、アルカンはレッドスターのフーリガンたちを民族防衛の義勇兵に組織したのです。

 セルビア大統領のミロシェヴィッチが義勇兵を必要としたのは、欧米の反発で正規軍をボスニアに投入できなかったからです。

次のページ>> 半グレ、犯罪者を組織


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。