タイ 2014年8月20日

小さな「気になるぅ~」に答えてみました
バンコク生活素朴な疑問【日常生活編・その1】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、タイに住む日本人たちの素朴な疑問に答えます。

 ここバンコクが異国だからか、それともアメージング・タイランドのなせる業なのか、知れば知るほど湧き上がってくる素朴な疑問。街でよく見かけるあのステッカーはなに? どうしてタイの男の人は小指の爪を伸ばしているの? 『DACOネット』に寄せられた皆さんからそんな小さな疑問に、時間と労力の許す限り答えてみました。

■DACOネットって?
『DACO』の無料郵送サービスに登録している読者約4000人に対して、メールで意見や情報を募る情報網のこと。

Q:屋台の電気はどこから?

 バスの中から電線を眺めていたときのこと。所々電線が下に伸びているところがありました。その先には屋台がありました。きっと屋台のみなさんが電気を使っているのだろうと思います。

 その電気代は誰が払っているのでしょう? 請求書はどこに送られているのでしょうか?

A:近くの家にお金を払っているようです。

『DACO』編集部の近くにもそういう屋台があるので、さっそく聞いてみました。

 あれは送電線から直接電気を引いているわけではなく、屋台の近くの家や店舗の持ち主に電気代(1日30バーツ前後=約90円)を払って、その家からコードを引っ張っているそうです。

 屋台によってはコードを電柱や送電線に括りつけているので、盗電しているように見えますが、調べた限りではそういう屋台はありませんでした(仮に盗電していても「してる」とは答えてくれないと思いますが)。ただ、盗電はタイでも犯罪ですし、電圧や漏電などの問題もあって危険なので、実際に盗電している所は少ないのでは?

 ほかには、以下のように電気を調達するケースが多いようです。

1)家庭用の小型の発電機やバッテリーを使う。
2)屋台街などでは、その場所を管理しているセンターが電気も供給しており、そこに電気代を(1カ月や1日単位で)支払う。

盗電していそうに見えて、じつは近くの家から電気を買っていることが多いようだ【撮影/『DACO』 編集部】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。